ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

元アイドリング!!!25号後藤郁 写真展イベントで復帰!今彼女の瞳に映る景色とは

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
160526_後藤郁2

後藤郁のまなざしは特別だ。
涼しげで、はかなげで、それでいて強い意志を感じさせる。

それは、6年前、4期生(25号)としてアイドリング!!!に加入した当初から顕著で、美少女ぶりは際立っていた。
ともすれば近づき難いようなルックスを持ちながら、決して彼女はおごり高ぶることはなく、握手会での対応のよさはファンの間でも評判になるほどだった。

また、真面目すぎる性格が災い(?)してか、番組内では『彼女が話し始めると変な空気になる』というのが定番で、MCのバカリズムやメンバーなどからも、いじられるキャラだった。

そんなキャラも含め、彼女に夢中になったファンは多く、個別の握手会では、いつも長い列ができ、また、個人の仕事としてもDVDを4枚、写真集1冊を発売している。

順調な活動ではあったが、2014年6月、家庭の事情によりアイドリング!!!を卒業。芸能活動自体も事実上休止となった。
ファンとしては寂しい限りであるが、家庭の事情を考え、彼女自身が決めたことであれば、それを受け入れよう。そしてまたいつか活動を再開して、私たちの前に出てきてくれる日のことを願おう、そんな気持ちで待つことにした。

一報が流れたのは、今年の2月26日。
6月16日から上演される舞台「ダンガンロンパ~希望の楽園と絶望の高校生~2016」に後藤郁の出演が決定。芸能界復帰するとのことであった。

ファンは歓喜した。「またあの後藤さんに会える!」「後藤さん、変わってないだろうか?」そんな感激の声がネットにあふれ、次の情報を待った。程なくして、新しい事務所のホームページで彼女のプロフィールが公開。4月末からは、ブログも開始された。

そして、流れてきた記事。『後藤郁 写真展開催 5/24~29 本人出演の各種イベントあり』。沸いた。ネットが沸いたのである。
「また彼女に会える」ファンにしてみれば、期待と喜びで大変な気持ちだったことだろう。

本人が登場する初日となった5月24日、写真展を訪ねてみた。会場は恵比寿にある『弘重ギャラリー』。多くのファンが会場の前に集まっている。
まずは、中に入り、左手の下り階段を下りて、展示場へ。入って左側の壁から写真が展示されている。写真の下には、すべて番号とキャプションが書かれている。味わいのある一言が多いが、すべて本人が考えたものだという。

写真の多くは、休業中に地元大分で撮られたもの。彼女の美貌や、夢や、キャラクターを育んできた地での写真というのもまたいい。
順を追って150枚全てを見終わった後には、彼女が休業していた時間も写されていることもあって、ほっとしたような感情にとらわれた。

この日は18:00から、写真購入者対象に2ショットチェキ会があるというので、外から眺めていた。時間を少し過ぎて本人登場。赤いセクシーなドレスで、ちょっと大人っぽさを感じた。

しかし、チェキ会が始まると、相変わらずの丁寧な対応で、ファンにも笑顔で受け答えしている。離れた場所から見ていても「後藤さんらしいな」というのを感じることができた。
そして、チェキを撮り終えて出てきたファンからは「相変わらずですなぁ」「涙出そうになった」など、満足げな言葉が聞こえてきた。

一時間ほど経って列がなくなるとイベントは終了、外で待っていたファンに対してご挨拶に出てくる。
「待っていてくれた皆さん、ありがとうございます。二年ぶりに皆さんに会えてうれしかったです。お話は・・トークショーにとっておくので(笑)、また来て下さい。」
そして彼女は、あの魅惑的な瞳で、私たちを見回してからこう言った。「みんな、顔も名前も覚えてますからねっ!」
ファンを大切にしつつ、PRも忘れない、後藤さんらしいコメントだった。

■後藤郁写真展『~ a girl ~』は、恵比寿 弘重ギャラリーで、5月29日まで開催。入場料無料。
本人のイベント等の情報は 公式ブログを参照 http://lineblog.me/gotoukaoru/

※画像は、後藤郁オフィシャルブログより http://lineblog.me/gotoukaoru/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: プレヤード) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。