体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

博多うどん以上に博多な「恵味うどん」

f:id:mesitsu_lb:20160314124751j:plain

出典:まるごと福岡

ちょっと長い前置き

(博多のうどんがどんなものかご存知の方は、読み進んでもらって構いませんよ)

博多(説明するとそれだけで記事が終わってしまうのだけど、ここでは「福岡」と同義と受け取っていただきたい)はとんこつラーメン一色の土地だと思われがちなんだけど、それは若い世代の話。だいたい40歳を過ぎるととんこつスープが重く感じられるようになって、ライトなうどんにシフトしていく。では、博多のうどんとはどのようなものなのか?

黄金色に澄んだ美しいスメ(汁のこと)が博多のうどんの最大の特徴だ。ごぼう天(ささがきにしたゴボウの天ぷら)は博多で代表的なうどんのトッピングである。ただ、この写真には少々違和感がある。麺のエッジが茹でたてのようにキリリと立っていることだ。ラーメンの麺が茹で時間を短縮するために極細になっていったように、せっかちな博多の人間はうどんが茹で上がるのを待つことができない。自然と、うどんはお湯にくぐらせるだけで提供できるよう茹で置きとなり、角のとれたふにゃふにゃヘロヘロの麺が、博多の一般的なうどんとなっていったのだ。

「そんなうどん、食べても旨くないやろう」って? 博多の人間はうどんの麺に旨さなど求めていない。麺は旨いスメを啜るための単なる媒体なのだ。うどんそのものを楽しむ讃岐とは大違いだが、エグ味のない澄んだスメの味こそが、汁文化の博多ならではのうどんの醍醐味なのだ。

近年のうどんブームで本格的な讃岐うどんの店や個性的なうどん屋が増えて、博多でもうどんに対する意識がずいぶん変わってきたが、もともとはこういう土地柄なのである。

ここからが手打うどんの店「恵味うどん」のお話

そういう訳で話はようやく本題に入るんだけど、僕が今回紹介する

「恵味(えみ)うどん」に初めて行ったのは、確か10年ぐらい前のこと。博多にもようやく本格的な讃岐うどんの店が現れ始めた頃だ。リサーチ情報によると「恵味うどん」の店主は讃岐で手打ちうどんの修業をしてきたらしい。

「固いうどんを食わせる店か……」。讃岐うどんというと、その程度の印象しかなかった頃の話だ。

f:id:mesitsu_lb:20160314124801j:plain

いかにも町のうどん屋といった風情の「恵味うどん」。オープンから20年を過ぎて、ちょっと傷みが目立ってきた?

f:id:mesitsu_lb:20160314124812j:plain

四国の知り合いから譲ってもらったという特注の大釜。大きすぎて店に入らないので表に飾っているそうだが、早くも入り口から本場・讃岐っぽさが!

f:id:mesitsu_lb:20160314124819j:plain

しかし、メニューは意外にもフツー、と言うか、博多風。「生めんですので少々時間がかかります」のお断りが博多では珍しいぐらい。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会