ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

北欧美男子の起用も話題! 今夏公開の『ターザン:REBORN』注目ポイント

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『ターザン:REBORN』場面写真

あの誰もが知るムキムキ・アクション映画の原点「ターザン」が、『ハリーポッター』シリーズの監督&スタッフにより、全く新しいアクション・エンターテイメント大作として生まれ変わる『ターザン:REBORN』。7月30日より全国公開となります。

ジャングルを縦横無尽に飛び回るターザン・アトラクションはもちろん、地鳴り轟かせ押し寄せるヌーの大群、水しぶきをあげ激しく岩場を駆けるゴリラ、ジェーンを襲う獰猛なカバなど、本作ならではの最先端の技術による動物たちとのシークエンスが壮大なスケールで描かれる本作。

監督は『ハリー・ポッター』シリーズを手掛け、そして、2016年冬、新たな魔法の世界を描く新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のデイヴィッド・イエーツ。また、美術監督スチュアート・クレイグ、編集マーク・デイとスタッフ陣も『ハリー・ポッター』シリーズの才能が集結しています。

_L3A0253.dng

新たなターザンを演じるのは、北欧美男子アレクサンダー・スカルスガルド。194cmの恵まれた肢体を持ち、“世界で最もハンサムな顔”常連の男が、本作のために更なる肉体改造を敢行し、彫刻のような<圧倒的美ボディ>を獲得。脱ぐ前と脱いだ後のイメージが全然違うのがビックリ!

全く新たなターザンを生み出したデイヴィッド・イェーツ監督は、「私に送られて来た脚本の中で、最も愉快で、興味深い、楽しいものだった。大掛かりなアクションを中心に据え、アウトサイダーであること、愛する人のために何をするか、といった普遍的なテーマも盛り込んだ、様々なすばらしい展開がある」と自信をのぞかせています。

さらに今回、アレクサンダーの作り出す、ジャングルの王としての雄々しい力強さ、英国貴族としての気品と溢れだす男の色気を兼ね備えた、これまで描かれることのなかった“新たなるターザン像”に対し、アレクサンダー同様、厳しい肉体改造を経て“新たな自分”を手に入れたと話題のライザップ経済アナリスト・森永卓郎らによるコメントが到着。作家・写真家の椎名誠さん、作家・思想家の山口揚平さんのコメントと合わせてお読みください。

■森永卓郎
ターザンは、まさにいまの時代が求めている新しいヒーローなのだ。健全な精神は、健全な肉体に宿る。肉体改造に成功して、健全な肉体を手に入れたボクが言うのだから、間違いない。

■椎名誠
子供のころ『ターザン』は確実にぼくたちを元気づける興奮と希望の物語だった。そして、まったく思いもつかないようなシチエーションでぼくたちのもとに姿を表してくれることになった。それも今の時代だから、少年たちの夢をさらに一〇〇倍ぐらい増幅させた、期待どおりのヒーローとなって帰ってきてくれるだろう。

■山口揚平
このターザンは21世紀の新しいヒーロー像であり、我々の知っているターザンの物語ではない。2016年の今、我々が本当に求めているのは、生きている実感と身体性の回復なのだ。だからこそ新しいターザンは僕達の新しいヒーローなのだ。

(C)2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。