ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

8台のカメラで3D立体視対応!360度VRカメラ「VUZE」がプレオーダー開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

360度撮影ができるカメラが続々と登場しているが、3D立体視に対応した360度VRカメラ「VUZE」がプレオーダーの受け付けを開始した。

8台のカメラを使って3Dと2Dの技術を組み合わせていて、解像度は4K。日本向けのプレオーダー価格は879ドル(約9万6000円)と、この手のものとしてはお手頃と言えそう。

・人の“両眼”的

VUZEは12センチ四方、厚さ3センチ、重さ250グラムとコンパクトながら、1辺に2台のフルHDカメラを搭載。2台1ペアのカメラが、人が両眼で見るように映像をとらえる。

そして4ペアの“両眼”を介しての映像が合わさって360度となる。

・アプリでプレビュー

撮影した映像はVRヘッドセットや3Dデバイス、テレビなどで閲覧できる。

撮影映像のプレビューをチェックしたいときは、専用アプリを使うといい。ちなみに、このアプリにはリモート機能もある。

また、編集ソフト「VUZE Studio」を使うと、映像に3D効果や音響を加えたり、“マイVRビデオ”を制作したりすることができる。

・今年10月にも発送

プレオーダーはカメラ本体、ミニ三脚、VRヘッドセット、アプリ、VUZE Studioが一式セットになって、日本からのオーダーだと879ドル。

カメラ本体の色は黄色、赤、黒、青の4色から選べ、発送は今年10月を予定している。

VUZE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP