ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

農業にもシェアリングエコノミーの波!?農機を貸し借りできるプラットフォーム「MachineryLink Sharing」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

農業機械は、農作業の効率化に不可欠だが、農作物の種類や栽培プロセス、季節などに応じて多種多様であり、利用期間の短さや頻度の少なさに比して、過大な投資が必要だ。

米農務省の「2012年農業統計」によると、米国の農家が保有する農業機械の総額は2440億ドル(約24.6兆円)規模で、農家1件あたりの平均額は11.6万ドル(約1,273万円)となっている。

・業界初、農業機械のための貸し借りプラットフォーム

米カンザスシティを拠点にコンバインのレンタル事業を手がけてきたFarmLink(ファームリンク)は、2015年10月、業界で初めて、農業機械に特化したP2P型オンラインプラットフォーム「MachinaryLink Sharing(マシーナリーリンク・シェアリング)」を開設した。

このプラットフォームを通じて、所有者は、一定期間、使用する予定のない農業機械を貸し出すことができ、利用者は、トラクターやコンバイン、収穫機、散布機など、様々な農業機械を、所有者から直接、借りることができる仕組みだ。

所有者は、農業機械を貸し出すことで収入を得ることができる一方、利用者は、農業機械を購入することなく、必要なときに、必要な機械を使って、農作業をすすめることができる。

・農業機械をフレキシブルに融通

米国では、これまでも、地域レベルで農業機械の貸し借りが行われてきたが、同じ地域内では、農作物の種類や栽培スケジュール、収穫時期が重なるケースが多く、他の農家との間で農業機械を融通しづらいのが実態だ。

その点、「MachinaryLink Sharing」を活用し、栽培する農作物やそのサイクルが異なる、他の地域の農家とつながることができれば、農業機械を融通し合える可能性が広がるだろう。

MachinaryLink Sharing

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP