体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石造り風のガレージハウスは南仏のリゾート地をイメージ【~edge HOUSE~】

▲街道沿いに建つK邸は、周囲の雰囲気とはかけ離れた異彩を放つ存在。まるで童話の世界から飛び出してきたかのような建物は、内部までこだわり抜いた造形をもっていた

▲街道沿いに建つK邸は、周囲の雰囲気とはかけ離れた異彩を放つ存在。まるで童話の世界から飛び出してきたかのような建物は、内部までこだわり抜いた造形をもっていた

おとぎの国に棲むディスカバリー/建築家・新井 透(グリーンアンドハウス)

子供の頃、童話に出てくるような家に住みたいと思っていた。石を積み上げた外観で隠れ家のように謎めいた雰囲気をもち、内部は廊下が入り組み洞穴のような部屋がいくつもあるような。そのイメージが潜在意識のどこかにあって、大人になってから初めてディズニーランドを訪れたとき、子供の頃憧れた記憶が一気に蘇ったという経験がある。そして今回、K邸を訪れた瞬間、こんな家が現実に存在するということに驚き、まるで子供のように歓喜の声を上げてしまった。

上の写真をご覧になっておわかりのとおり、K邸は単なる住宅ではなく、テーマパークの一角に建っていても違和感のない、童話から飛び出してきたような壁面をもつ。もちろん外観と同様のエッセンスが注がれたインナーガレージを備えていて、カーフリークの住処としても高い完成度を併せ持っていた。

場所は埼玉県熊谷市。K邸は幹線道路沿いに位置し、広大な敷地の一角に建っていた。竣工後1年少し経つが、現時点では前庭、裏庭ともに手がつけられていない状態。このスペースは今後、時間をかけて完成させていくいろいろなプランがあるようだ。

建物自体は、石を積み重ねて作られたような造形と素材感をもっている。近くに寄ってじっくり観察しても、やはり石造りのようにしか見えない。

「この壁面が、K邸のいちばんの特徴です」そう教えてくれたのは、設計を担当した新井さん。住宅の設計施工を手掛けるグリーンアンドハウスの代表だ。 「この造形は、壁面に塗ったモルタルを削って色をつけています。テーマパークも、じつは同じ工法で作られているんですよ」

このモルタル造形を、新井さんは最も得意としているとのこと。高度な技術が必要な工法なのだが、グリーンアンドハウスのスタッフは全員、この技術をもっているらしい。

自邸の外観を、このようなテイストにしようとしたきっかけを施主であるKさんに聞いてみた。

「南フランスにあるエズ村というところが気に入っていて、その旧い街並みに建つ住宅のデザインをモチーフにしてもらいました」とKさん。ヨーロッパ屈指のリゾート地であるコートダジュールにあるエズ村はニースとモナコの中間に位置し「世界一美しい街並み」と称される景勝地だ。そのイメージを自宅に反映させようという思い切りができたのは、やはり新井さんの作品を見て「この人なら」と確信したからにほかならない。これまで新井さんは、このK邸と同様にヨーロッパ各地の住宅をイメージした作品をプロデュースしているという。

「経年劣化を心配する方が少なくないのですが、このモルタル造形は10年から15年はこのままで大丈夫です。その後、表面のクリアを塗るなどのメンテナンスをすれば、まったく問題ありません」と新井さん。外観ばかりに見とれていると、邸内にも外観と同様の造作が施されているというので、興味津々で拝見することした。

童話に出てくる隠れ家のようなガレージハウス

玄関を一歩入ると、壁面に角がなくラウンド形状となっていることがわかる。右手にはガレージに通じる鉄のフェンス扉が。石造りの旧い屋敷から裏庭や地下室に続く扉……というイメージだ。左手にはリビング&ダイニングルームに続く入口があるが、ここも上部を丸くラウンドさせたデザイン。正面と右手奥のドアも、すべて同様の形状で、まさに童話に出てくる隠れ家然としている。同時に中世の旧い城にでも迷い込んだかのような高揚感に包まれるから面白い。

まずは右手のガレージにお邪魔する。動線は正面のオーバースライダーと玄関側の扉、そして裏庭に続くガレージ後方の扉という3方向。ディスカバリーがちょうどフィットするサイズだが、とくにガレージの中でメンテナンスをすることはないようなので十分なスペースといえる。玄関やトイレの窓から愛車の気配が感じられるように工夫されているし、サーフボードやスノーボードなどの趣味の道具を保管できるような造作も施されている。後方のドアを開けると、前述のように裏庭はまだ手つかずの状態だが、広いスペースが確保されているので今後の夢が広がる。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。