ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Alloがリリースされてもハングアウトの提供はこれまでどおり継続する方針

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google I/O 2016 で新しいメッセージアプリ「Allo」が発表されたことで、從來から提供されている「ハングアウト」は無くなってしまうのではないかとの憶測が広まる中、Google の広報担当者が Business Insider に対して、噂を否定する声明を発表しました。Allo では Google 検索や YouTube、Google マップといった Google サービスとの連携機能のほか、「スマートリプライ」といった新しい機能が目立つものの、基本的にはハングアウトと同類のメッセージアプリです。新しい Allo のリリースでハングアウトが無くなると予想する自然だと思います。ところが、Google の広報担当者は Business Insider の問い合わせに対して、「我々はハングアウトへの投資を継続しており、今後もスタンドアロンのプロダクトとして維持していきます。」と回答したそうです。ハングアウトは今では Google Apps の重要なコミュニケーションツールに位置づけられており、当面は廃止するわけにはいかないのでしょう。Source : Business Insider

■関連記事
Galaxy C5は厚さ6mm台のスリムなスマートフォン
Android Wear 2.0 Developer Preview版の動作映像
Android Nのバージョンはやっぱり「Android 7.0」? Google I/Oで使用されたスクリーンショットの時刻はいずれも「7:00」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP