ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、Android版Pepperを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクとソフトバンクロボティクスは 5 月 19 日、人型ロボット「Pepper」の Android 版を発表しました。Android 版は今年 7 月より開発者向けモデルが先行発売されます。Android 版というのは、Pepper の胸部に備わっているタッチディスプレイを Android ベースにした Pepper です。Android 版の登場により、Pepper で Android アプリが動作するようになります。ソフトバンクは Android 版 Pepper のリリースに合わせて、アプリ開発キット「Pepper SDK for Android Studio」をリリースしています。Android 版の本体価格は 198,000 円 + 税で、Pepper 基本パックは 11,800 円 x 36 回 + 税、Pepper 保険パックは 9,800 円 x 36 ヶ月 + 税で提供されます。これらを含めた 3 年間の総額は 975,600 円になります。Source : ソフトバンク

■関連記事
Android Wear 2.0 Developer Preview版の動作映像
Android Nのバージョンはやっぱり「Android 7.0」? Google I/Oで使用されたスクリーンショットの時刻はいずれも「7:00」
Android Autoがスマートフォン単体でも動作可能に、車載ディスプレイとのワイヤレス接続やOK, Googleコマンドにも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP