ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、勝者をGoogle I/Oに招待するAndroid Experiments I/O Challengeコンペの結果を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 5 月 16 日、勝者 3 名を Google I/O 2016 に招待する「Android Experiments I/O Challenge」コンペの結果を発表しました。勝者の 1 人目は、Android ベースの自律走行車を考案した米国の Al Benchomo さんで、車が障害物を検知して迂回ルートを探す独自のアプローチが高く評価されています。。2 人目は Hunger Moji を考案したカナダの Mike Roelens さん。これまでには無かった独創的な通知 API の利用方法が高く評価されています。3 人目は Chromecast のセカンドスクリーン機能を利用してスマートフォンの 3次元コントローラーを考案したイスラエルの Haten Shahabri さんと Yury Sanhnovskiy さん。Chromecast のハードウェアとスマートフォンのセンサーハブをフル活用し、Google が予想にもしていなかった Chromecast の活用方法を具現化した発想が高く評価されています。Source : Google

■関連記事
Google、小規模グループ向けの情報シェアツール「Spaces」を提供開始
アウトドアモデル?Samsung SM-G880Fの存在が確認される
伊藤園、スマートフォンを活用した「お~いお茶」キャンペーンを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP