体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡の「皿うどん」って、どんなうどん?

f:id:hotpepper-gourmet:20160516105923j:plain

皿うどんのロシアンルーレット

長崎市出身の僕にとって、「皿うどん」といえばアレ。パリパリに揚げた細麺に具だくさんの餡がかかったやつだ。長崎の実家では、「皿うどん」はお客さんがあったときに出前で食べる大皿料理で、残ってフニャフニャになった“二日目の皿うどん”は、フライパンで炒めて食べるというのがお約束だった。

そんな僕も福岡に住んでもう20数年になるが、福岡では「皿うどん」と注文すると、ある店では麺がごっつい「堅焼きそば」が出てきたり、ある店では「塩焼きそば」のようなものが出てきたり、ただの「ソース焼きそば」が出てきたり……。確かに“皿うどん”という単語からはあの料理はイメージしにくいのだろう、店によってどんな「皿うどん」が出てくるか分からないというロシアンルーレット的なスリルを感じてきた。そんな皿うどん事情の福岡だが、福岡で最も歴史のある中華の老舗

「福新樓」には「博多皿うどん」というメニューがあるという。「長崎」ならぬ「博多皿うどん」とはどんな料理なのか。

「福新樓」は明治37年創業の福岡で最初の中国料理店。現在は繁華街の天神からほど近い今泉の5階建てのビルで営業する中国料理店だ。

f:id:mesitsu_lb:20160411174938j:plain

2014年に天神から今泉に移転。

この「福新樓」で看板メニューの一つにもなっているのが「博多皿うどん」1,134円。麺は太めの中華麺で、具材は餡かけではなく、麺に絡めて炒めてある。見た目でいえば、前述の「長崎皿うどん」よりも焼きそばに近い。しかし、焼きそばと決定的に違うのは……麺が旨い!もっちもちの麺は味が麺の中までしっかり染みていて、麺そのものが旨いのだ。肉も野菜もたっぷり入っているし、見た目以上に食べ応えもある。

f:id:mesitsu_lb:20160411174943j:plain

これが「博多皿うどん」。ボリュームもけっこうある。

「博多皿うどん」誕生秘話

聞けば「博多皿うどん」は昭和初期に「福新樓」で生まれた料理なのだとか。そもそも「博多皿うどん」も「長崎皿うどん」同様、ちゃんぽんの発展系。

「『皿うどん』って言うぐらいだから、元は細麺じゃなくて太麺でしょう?」と、「福新樓」の広報担当・張端宏さん。当時、中華麺の製麺所は長崎にしかなく、時間をかけて長崎から汽車で運んでいた。しかし、加水率が高い太麺は日持ちしないため、麺が着くと傷まないように焼き固めるようになった。それを料理として出す際にスープで煮込んで戻していたことから、「博多皿うどん」が生まれたのだという。

f:id:mesitsu_lb:20160411174948j:plain

お話をうかがった「福新樓」広報担当の張さん。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。