ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

齋藤飛鳥「昔、本当にすごいブスで…」と懐かしむ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

齋藤飛鳥「昔、本当にすごいブスで…」と懐かしむ
J-WAVE土曜朝6時からの番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるこのコーナー。5月14日のオンエアでは、冒頭で「英語で『懐かしい』ってなんて言うの?」というリスナーからのメールを紹介しました。

「懐かしい」はハリー曰く、英語であまり使わないものの直訳すると「nostalgic」と言うそう…ですが、もっとカジュアルな言い方があるのだとか。それは「memories」。

「高校野球あるじゃないですか。もし自分が昔、部活で野球をやっていた場合であれば、古き良き時代を思い出し『Ah memories…』って言うこともできるので」と具体的に説明をするハリー。この流れで齋藤に「最近懐かしいことってありました?」とハリーが聞いたところ

「懐かしいことか…。この前、握手会で乃木坂46の1枚目のシングル『ぐるぐるカーテン』から応援してたけど初めて来ましたっていう方が来てくれて。当時のアーティスト写真を首から下げてきてくれたんですよ」と、その後ほんわかしたエピソードを披露してくれるかと思いきや…

「それ見て、私の顔が全然違って。昔、本当にすごいブスで! 今も別にブスなんですけど、昔、本当にブスで」と思わぬ話に展開し、「そんなことないそんなことない!」とフォローをするハリー。しかし齋藤は「それ見て『あ、懐かしいな』」と思ったそうです。

「ブスかどうかは置いておいて、そんな時でも『Ah memories…』って使えますよ」と言うハリーに「次来てくれたら言ってみます」と答える齋藤でした。

そして今月のテーマ「挨拶の後の一言」。実際、どんなことを言っているか齋藤に聞いてみると「お友達とかメンバーが、疲れているのかな、とか顔色悪いな、と思ったら『体調どう?』『元気?』とか聞きます」とのこと。

これはどう言うか、「こちら、どシンプルにいかせていただきます! 『体調どう?』は『Hey, are you OK?』もしくはもっと省略して『You OK?』だけでも大丈夫です!」(ハリー)と本当にシンプルに聞けるそう。実際こう言われたら、齋藤は何と答えるのか聞いてみると「眠い、つまんない、普通です…とか?」となんともネガティブな回答…。

こう言いたい時には英語でなんと言えばいいのでしょうか?「会話がそこで止まっちゃう可能性もあるんだけど、究極の一言があって」と前置きしてハリーが教えたのは、「Not bad」。これは「悪くない」「普通」という意味で使えるそう。この言い方で「英語かなりしゃべれるじゃん」と思われるそう。

「ごく普通の言葉だけど、すごく使うかもしれない。ぜひ覚えてほしい!」(ハリー)とのことなので、英会話上級者と思われるために覚えて使ってみはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

齋藤飛鳥、ハリーからのお誘いの返事は?(2016年4月23日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1443.html

乃木坂46齋藤飛鳥 自己紹介で「アイム、ベリーダーク!」(2016年4月2日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1299.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。