ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サメット島の特産品を使った珍しい一品『トートマンノーガラー』

  • ガジェット通信を≫



ทอดมันหน่อกะลา トートマンノーガラー
ノーガラーという野菜のさつま揚げ

バンコクから小一時間ぐらいで行けるお散歩にぴったりな場所、クレット島。

そこにはたくさんの名物があるんだけど、何気無さすぎて気づかなそうな一品を見つけた。


それがこれ。見慣れない名前。「ノーガラー」という野菜のようだ。
ぱっと見い、ちょっと太めのネギかな?それともタクライ(ตะไคร้レモングラス)?
気にも留めないまま通り過ぎてしまいそうだけど、これはどうやらクレット島の特産野菜らしい。


野菜を売っているだけじゃなく、それをあげてトートマンにして売っていたので買ってみた。
これも、クレット島の名物ということになるよね。


ひとつぶひとつぶが小さいけど、なぜかどのお店もこのサイズだった。
パクッと食べてみると…。ノーガラーの食感は以外と柔らかく、セロリみたいな感じ。でもミョウガのような生姜のような、独特の芳香がある。

後で調べてみたら、ノーガラーはやっぱり生姜科の植物で、日本では小笠原諸島に生えている「チクリンカ」という植物の近縁種のようだ。何気ないけど結構珍しい野菜。 

なぜかトートマンばかり売っていたけれど、他にも美味しい食べ方があるのかなあ?

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP