体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベッキー「実家に行ったことは愚かだった」『金スマ』中居正広との会話全文

ベッキー

5月13日放送のTBS『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に川谷絵音(ゲスの極み乙女。Vo)との不倫騒動で芸能活動を休業していたベッキーが復帰という形で3か月ぶりに出演。騒動の真相を自身の口から語った。中居に「今日話すことは、嘘は言ってほしくない」と言われ、「はい」と答えたベッキー。

謝罪会見の内容、週刊文春に掲載されたLINEのやりとりにまで切り込んだ、中居とベッキーのやり取り全文を紹介する。

※簡易記事はコチラ↓
ベッキー「子どもの言い訳みたいだった」嘘をついた謝罪会見を反省
http://getnews.jp/archives/1459769

思い描いていたものと現実は違った

中居:久し振りだね。友だちに「元気だった~?」って言うのとはちょっと違うね。元気だった?

ベッキー:元気……では、なかったですね。

中居:今日話すことは、ひとつだけ守ってほしいことは、嘘は言ってほしくない。でも、言えないことがあるなら、正直に嘘をつかずに「言えません、話せません」て答えて欲しい。

ベッキー:わかりました。

中居:ベッキーは何が辛かった? 何が苦しかったですか?

ベッキー:私は人を傷つけた側なのであまり言える立場じゃないですけど、私はこんな風に1人の女性を傷つけてしまったんだ、っていう罪の大きさと、私に届く厳しい声。正直辛いものもありました。当たり前だと思いつつ、辛いものもありました。あとは多くの方々にご迷惑をおかけした。多くの方々を悲しませてしまったこと。お仕事ができないこと。こういう恋愛ができるのかな、と思い描いていたのと、現実が違ったこと。

中居:ベッキーの気持ちは、ベッキーにしかわからない。ベッキーの罪はベッキーの罪でしかないかもしれない。

ベッキー:はい、でもそれだけひどいことをしてしまったので。

中居:何がひどいことでしたか?

ベッキー:奥様がいる男性を好きになってしまって、その奥様を深く傷つけてしまいました。あとはお仕事関係者の皆様もそうですし、応援している方々も傷つけてしまいました。

中居:直接傷つけてしまったのは1人かもしれないね。

ベッキー:そうですね。

謝罪会見に嘘はあった

中居:あの会見に嘘はありましたか?

ベッキー:嘘はありました。

中居:正直に言えませんでしたか。

ベッキー:その男性と出会って、気になって、2人で出かけるようにもなって、その後に奥様がいることを知って。でもお互い気持ちがあるのはわかってたから、じゃあ正式なお付き合いは離婚してからだね、となっていたんですね。

中居:順番が間違っていたことに途中で気づいたんだね。

ベッキー:そこでブレーキをかければよかったんですけど、「友だちのままでいようね」って言いながら何度も会ってしまって、気持ちが大きくなってしまって。だから「これは友だちだもんね」って言い聞かせながら会っていたので、本当に複雑なことになってしまうんですけど、記者会見で「お付き合いという事実はありません」っていうのは半分、いや正式には付き合ってないですっていう……。

中居:好きだったんでしょ。相手も好きだった。で、恋はしてないの?

ベッキー:いや、恋愛関係でした。

中居:恋愛関係なんでしょ。で、何今の? 付き合ってはないって。恋愛はしてるけど付き合ってはないみたいな。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会