ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホの先には田舎が広がる!?パノラマビューアーアプリ「いやしのまど」で生活に癒しを

DATE:
  • ガジェット通信を≫

楽しかったゴールデンウィークも、あっという間に終了。まだまだ遊び足りない、という人もいるのでは?

テッカブルではそんな人も手放しで喜びそうな、究極の安近短レジャーを発見。田舎の絶景をその場で堪能できるVRビューアー、「いやしのまど」をご紹介しよう。

・大自然の風景をアプリで堪能

「いやしのまど」は、のんびりとした田舎の風景を、360度パノラマで楽しめるVRスマホアプリ。RICOH THETAで撮影した定点パノラマ動画や車載動画、ネイチャーカメラマンの撮影写真など、のどかで美しいVRコンテンツが満載されている。

動画には川のせせらぎ、小鳥の声といった自然の音もばっちり収録。スマホを見ているだけなのに、大自然のど真ん中に立っているような感覚に浸れるのだ。

・VRヘッドセットでよりリアルな体験が可能

もっとリアルに体感したいなら、VRヘッドセットの利用がおススメ。いつもとは一味違う、臨場感のある景色が満喫できる。

何度も眺めているうちに、風景を肌で感じたくなることもあるはず。そんなときは、アプリの“ロケ地ガイド”をチェックしよう。どこで撮影されたか、一目でわかるようになっている。

さらなるお楽しみが、アプリリリースを記念して行われているお得なスタンプラリー。パノラマビューの撮影地である鳥取県伯耆(ほうき)町でロケ地巡りをすると、ご当地で使えるお得なクーポン券がもらえるそう。開催期間は、2017年3月31日まで。

バーチャルとリアルを同時に堪能できるシステム。レジャーの新しい形かもしれない。

いやしのまど

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP