体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「水道水」派は約5割、みんなの飲み水事情を調査

「水道水」派は約5割、みんなの飲み水事情を調査

最近のマンションや一戸建てには大抵浄水器が付いているし、美味しい水の宅配もありますよね。でも意外と水道水をそのまま使っている人って多いみたいなんです。今回は全国の男女300人に自宅での飲み水や料理に使う水をどうしているか聞いてみました。

多い? 少ない? 水道水派が全体の約半数という結果に

ずばり、「あなたは普段自宅で飲み水や料理に使う水はどうしていますか」という質問に対する回答は、「すべて水道水そのまま」という人が47.0%、「水道水とミネラルウォーター・浄水などを併用している」人が37.0%、「すべてミネラルウォーター・浄水を使用している」人が16.0%。飲み水、料理ともにすべて水道水を使用しているという人が約半数いて、意外とも思える結果でした。【図1】なんと約半数がすべて水道水を使っているという結果に(SUUMOジャーナル編集部)

【図1】なんと約半数がすべて水道水を使っているという結果に(SUUMOジャーナル編集部)

水道水の使用頻度に地域差あり。都市エリアはすべて浄水派が多い

では、この結果に地域差はあるのでしょうか。都市部とそれ以外に分けて集計したところ、「すべて水道水そのまま」と答えたのが、都市エリアは39.0%だったのに対して、その他のエリアは51.0%。その他のエリアのほうが都市エリアよりも12ポイントも水道水派が多くなっています。「すべてミネラルウォーター・浄水を使用している」と答えたのが、都市エリアは29.0%に対して、その他のエリアは9.5%でした。都市エリアのほうが、その他エリアよりも19.5ポイント、ミネラルウォーター・浄水派が多くなっています。【画像2】都市エリアでは、すべてミネラルウォーター・浄水を使用している人が他のエリアよりも19.5ポイントも多い(SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】都市エリアでは、すべてミネラルウォーター・浄水を使用している人が他のエリアよりも19.5ポイントも多い(SUUMOジャーナル編集部)

この結果から、都市エリアでは水道水を使うよりもミネラルウォーター・浄水を使用している人が、他のエリアに比べて多いことが分かります。水道水を使わない理由を聞いてみると、都市以外のエリアでは、「地元の水が美味しい」というコメントが多く、お金をかけて水を買ったり、浄水を使ったりしなくても、水道水が一番という人が多いようです。

・地元の水源はとても環境が良く、水質も高品質なのでうまいから(62歳・青森県)

・水がおいしいのでミネラルウォーターは不要(42歳・長野県)

・静岡市の水は美味しいので、特にミネラルウォーターを使う必要性を感じない(72歳・静岡県)

もちろん、「地元の水が美味しいから」という理由以外にも、すべて水道水という人のコメントは「経費がかかるから(48歳・女性)」「火を通せば平気かなと思う(28歳・女性)」「水道水で十分(51歳・男性)」など。コストの問題はもちろん、水道水でなんの問題もないと考えている人が多いことが分かります。

一方、浄水派の人から聞かれたのは、「マンションなので、なんとなくタンクが汚い気がするので(38歳・男性)」「集合住宅なので貯水槽からの水になり、美味しくない(75歳・男性)」「築40年近く経過しているので、公共水道が整備されていても引き込み水道がどうなっているのか不安(34歳・男性)」など。

マンションは一戸建てのように、各世帯に直接水道をひくことは難しいため、いったん建物内の水槽に水を貯めてから配水をしているところが多いので、このような意見がちらほら。もちろん一定以上の貯水槽は年1回以上の水質検査や清掃が義務づけられていますが、タンクの汚れを気にする人はいるようです。

併用派の使い分けのポイントは、熱を加えるか加えないか

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。