ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

H ZETT M 「新曲なんてすぐにできちゃう」発言?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の11時30分からの番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。5月11日(水)のオンエアでは、ゲストにH ZETT Mさんを迎えてお話をうかがいました!

H ZETT Mさんといえば「ヒイズミマサユ機」「H是都M」などいくつもの名義を使い分けて活動されているという憶測もありますが…。

*  *  *

亀田:僕が昔、東京事変っていうバンドをやっていたんですけど。そのとき一緒だったピアノのヒイズミさんという方に、よく似てらっしゃるんですが…?

H ZETT M:そうなんです。

亀田:よく似てるって言われません?

H ZETT M:言われます。あと、亀田さんの前では当時「H是都M」とも名乗っていたものですから、ややこしくてすみません。今日は鼻が青い人なんです。

亀田:名乗ってましたね(笑)。

と、なんともややこしいやりとりからスタート(笑)。そんなH ZETT Mさん、現在は「H ZETTRIO」というトリオ編成のバンドで活躍中です。

亀田:3人はどうやって出会ったんですか?

H ZETT M:僕、ヒイズミさんという方に似ているとよく言われるんですが、

亀田:はい(笑)。

H ZETT M:ヒイズミさんという方はPE’Zというバンドをやっておりまして、それのベースとドラムなんじゃないかという噂が。

亀田:謎めいてますね〜。それで「H ZETTRIO」をやろうと意気投合したわけですね。ドラムとベースとピアノで。

H ZETT M:まあ、手っ取り早かったんでしょうね。

亀田:それだけじゃないでしょう(笑)。

H ZETT M:あとは、流れですかね。

そして「H ZETTRIO」は現在“鬼のように”新曲をリリースしているのだとか。

亀田:「Dancing in the mood」が先月リリースになり、5月11日には「MESHI-episode2-」をリリース。このあと5月25日、6月8日、6月22日と続くと。すごいですね!

H ZETT M:そうなんです。

亀田:この「MESHI-episode2-」って、ごはんですか?

H ZETT M:そうです、そうです。ごはん大好きで。

亀田:(ジャケットが)すごいですね。「MESHI」って書いてあって、白いごはんと梅干しですか。

H ZETT M:これ、ツイッターのフォロワーさんに描いてもらったんですけど。「ジャケットなんか描いて送ってください」って言ったら、みんな送ってくださって。

亀田:すごいですね。ファンの方もフォロワーの方も巻き込んで。

H ZETT M:そうですね。

亀田:あと、ライブMCで“神発言”があったそうじゃないですか。「新曲なんてすぐにできちゃうんだから」って。

H ZETT M:これは、まずはそう言ってしまうってことですかね。それから、慌ててつくるというか。

亀田:有言実行ですね。曲をつくるときってメンバーも一緒にスタジオに入ってつくるんですか? それともH ZETT Mさんが1人で?

H ZETT M:基本的なところは僕がつくっちゃいますね。そのあと、スタジオで。

亀田:あのメンバーだと、曲が出来上がるのが早そう。

H ZETT M:スピーディーさはありますね。

亀田:さっき言ってたPE’Zというバンドのメンバーだとしたら、何年くらいの付き合いになるの?

H ZETT M:PE’Zというバンドのメンバーだったらしいとすると、15年くらいは。

亀田:でも「らしい」なんだね。あーややこしい!(笑)

*  *  *

終始H ZETT Mさんに翻弄された亀田でしたが、5月12日(木)の放送では、そんな2人のセッションが実現! 必聴です♪

【関連サイト】
「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

鳥は音楽との相性抜群! その理由を亀田誠治が解説(2016年05月10日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1557.html

木村カエラ 「一歩を踏み出す朝」に聴きたい5曲(2016年04月22日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/-5-2.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP