体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【お食い得】毎月8日は「なごやめしの日」と制定させていただきますっ!【名古屋】

f:id:Meshi2_IB:20160425100826j:plain

主宰グループは「なごやめし8(エイト)どえりゃこむ」

味噌かつや手羽先、ひつまぶしなどの、いわゆる「なごやめし」。味も見た目も個性的なものが多いからなのか、全国ネットのTV番組でもたびたび紹介され、今や名古屋観光のキラーコンテンツとなっている。

さぞかし地元では盛り上がっているだろうと思いきや、観光客との間に微妙な温度差があった。いやそれどころか、地元では危機感すら抱いている人もいる。それが、「なごやめし」で地元を盛り上げようと結成された市民グループ「なごやめし8どえりゃこむ」代表・前田紳司さんだ。

前田さんがグループを立ち上げたのは、2015年5月。その理由は……

名古屋駅や栄など観光客が集まる場所にあるお店は、メディアの恩恵を受けていますが、郊外にあるお店は昔から通っている常連客に支えられながら細々と営業しているのが実状です。とくに若い世代の「なごやめし」離れは顕著で、このままでは地元で育まれた食文化が途絶えてしまうと思ったんです。(前田さん)

f:id:Meshi2_IB:20160425100036j:plain

これが「なごやめし8どえりゃこむ」発起人会の面々。おや? 写真中央に見覚えのある顔が! 「なごやめし」の取材をライフワークとする私、永谷正樹は発起人会の一員なのである(笑)。

では、「なごやめし8どえりゃこむ」は具体的にどんなことをするのか? ここはメンバーの私から説明しよう。名古屋市の市章である「八」にちなんで、毎月8日を「なごやめしの日」として勝手に制定し、お店を訪れたお客さんがワクワクするような特別メニューやサービスを提供するプロジェクトである。参加できるのは、「なごやめし」を提供している店であれば、飲食でも物販でもジャンル不問。エリアも愛知県はもちろん、県外でも海外でもOKなのだ。

実にユル~イ条件だが、「なごやめし」とはいったい何なのか? 「なごやめし」と呼ばれる前から名古屋グルメを取材している私でさえ明確に定義ができないのである。そもそも100年以上の歴史がある「きしめん」や「味噌煮込み」と、昭和に誕生した「味噌かつ」、平成生まれ「台湾まぜそば」などを一挙同列に扱うことに無理があるのだ。

そこで発起人会が着目したのは、「なごやめし」の共通点。それは探究心溢れる店主が試行錯誤を繰り返し、客の意見にも耳を傾けながら生まれたことだった。

台湾ラーメンをアレンジした「台湾まぜそば」のように、これからも新たに、「なごやめし」が誕生することでしょう。だから、あえて定義はしないでおこうと。それもまた、「なごやめし」の楽しさだと思うんです(前田さん)

f:id:Meshi2_IB:20160425100051j:plain

プロジェクト参加店には「うみゃ~でぇ なごやめしの店」と書かれたプレートと、8日の「なごやめしの日」のおすすめメニューやサービスを告知する用紙1年分が配布されるほか、公式WEBサイトでもPRする。

発起人会のメンバーがそれぞれのFacebookで呼びかけたところ、50軒を超えるお店の申し込みがあった。それも喫茶店や麺類食堂、洋食店、和食店などさまざまなジャンルのお店が参加している。『メシ通』では、その一部を紹介しよう。むろん、おすすめ店をセレクトした。

お値打ち限定モーニングが一日中味わえる

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy