ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ジャニゴトまとめ Vol.6】嵐主演ドラマから伊野尾革命まで…注目番組続々スタートの4月まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新しいクラスに初めての出勤、人事異動や転勤……この季節は何かと落ち着かない日々を過ごしている人も多いと思います(/ _ ;)

そんな時は、ジャニーズの出演番組を見てホッと一息つきたいものです。

OKMusicが運営するMusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの熱〜いノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」。今回は、4月に投稿された新番組にまつわるノートを集めてみました!
《ジャニゴトまとめ Vol.6 ラインナップはこちら》
・体を張ったNEWSの新番組に注目!
・今春二大注目ドラマは嵐の“じいまごコンビ”主演作
・“伊野尾革命”は本当に革命だった!?

体を張ったNEWSの新番組に注目!
4月から続々と新レギュラー番組がスタートしたのは、現在ツアー真っ最中のNEWS!

これまでも単発でレギュラー出演していましたが、新たに冠番組『変ラボ』(毎週木曜 24:59〜)、『ザ少年倶楽部プレミアム』(第3水曜 20:00〜)、『NEWSな2人』(毎週金曜 0:50〜)がスタートしました。
NEWSが珍実験に挑む『変ラボ』初回は、リーダーの小山くんが“食べられる衣装作り”に挑戦! 縮む昆布やかんぴょうなどの食材と格闘して、見事衣装を完成させていました。

“共演の生徒に嫉妬…”という声もありましたが、ロケ先でのメンバーの素の表情が見られるのがこの番組の見どころなのです(*^^*)
KAT-TUNからMCを引き継いだ『ザ少年倶楽部プレミアム』もNEWSの魅力が満載。

初回放送では手越くん&加藤くんの外ロケのほかに、Hey! Say! JUMPをゲストに迎えたコーナーも! レアな共演は両ファンから大反響を呼びました。

KAT-TUNの上田くん考案キャラクター・ペロ男がセットに紛れていたのも番組スタッフの愛を感じましたね(;_;)

ジャニゴトまとめVol.1でも“2016年はNEWSの年”とお伝えしましたが、引き続き彼らの活躍は要チェックです!

今春二大注目ドラマは嵐の“じいまごコンビ”主演作
今期は嵐のじいまごコンビでおなじみ、大野くんと松本くんの主演ドラマが放送されています。
大野くんが初めてラブコメに挑戦する主演ドラマ『世界一難しい恋』(毎週水曜 22:00〜)では、ジャニーズWESTの小瀧くんも出演中!

大野くんは有名ホテルチェーンの社長、小瀧くんはそのホテルチェーンの若手社員役をそれぞれ演じています。

大野くん演じる“仕事はできるのに恋に奥手な鮫島零治”、小瀧くん演じる“テキトーがモットーのチャラ男・三浦家康”……みなさんはどっちがタイプですか?
松本くんが主演を務めるのは、ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(毎週日曜 21:00〜)。刑事専門ルーム弁護士という難しい役柄ですが、癖のあるキャラクターとストーリーの面白さがWで話題を呼んでいます。

同ドラマはなんと、今年の民放ドラマの視聴率1位という人気ぶり! 松本くんのスーツ&リュック姿に心奪われる人が続出しているんだとか♪

ギャップ萌えの大野くんと不思議キャラの松本くんにぜひ心癒されてみては?

“伊野尾革命”は本当に革命だった!?
今、ものすごい人気ぶりで革命を起こしているのが、Hey! Say! JUMPの伊野尾くん!
この春も、『メレンゲの気持ち』(毎週土曜 12:00〜)と『めざましテレビ』(毎週月〜金 4:00〜 ※伊野尾くんは木曜のみ)のレギュラー出演が決定、『天才!志村どうぶつ園』(毎週土曜19:00〜)にもレギュラーパネラーとして不定期出演するなど、引っぱりだこ!

最近は単発ゲストとしてもいろんな番組で見かけますよね(^o^)

“テキトー王子”の愛称で大人気の彼ですが、数年前まではグループの中でもあまり目立たない存在だったという過去も。

ドラマ出演や先輩ジャニーズとの共演をきっかけに人気が爆発し、いまや時代が最も求める人物になったといっても過言ではないでしょう!

今後の活躍にも期待大ですね♪

番組の感想を書いちゃいなよ!
テレビで見かけない日はないジャニーズのアイドルたち。

ついつい自分の担当が出演する番組ばかり観てしまいがちですが、きっと他にもたくさん面白い番組があるはず!

MusicHubzでは、ジャニーズ関連の番組の感想や魅力について語られたノートがたくさん投稿されています。

ぜひみなさんも自分の好きな番組にまつわるノートを書いて、その魅力をみんなに知ってもらいませんか\(^o^)/?

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP