ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Xiaomi、カスタムUIの新バージョン「MIUI 8」を正式発表、6月1日にオープンベータ版を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Xiaomi は 5 月 10 日、中国・北京で行われた夏季新製品発表イベントで、Android 向けのカスタム UI「MIUI」のメジャーアップデート版となる「MIUI 8」を発表しました。MIUI 8 は Android 6.0 用のカスタム UI で、まずは同日発表された Mi Max に搭載されます。6 月 1 日からは他の機種向けにオープンベータ版がリリースされ、6 月 17 日には Developer Edition に安定版がリリースされる予定です。MIUI 8 の対応機種は、Mi 2 / 2S / 3 / 4 / 4S / 5 / Note / Max と Redmi / Redmi Note シリーズです。MIUI 8 では、UI 全体にわたるカラーリングの刷新、アプリへの新機能の追加、大画面スマートフォンでの利便性を高めるための機能拡充、バッテリー消費の改善が主な変更点となっています。Mi Max などの大画面モデル向けの変更については、UI を縮小して片手で操作できるようにした「ワンハンドモード」や画面上に 2 つのアプリを表示する「マルチウィンドウ」機能が追加され、従来よりもさらに大きなフォントも選択できるようになりました。節電機能については、バックグラウンドプロセスのアクティビティやデータ同期を制限してバッテリーの持ちをよくする「バッテリーセーバー」や、ブート時に不要なプロセス(アプリ)の自動起動を停止する機能が追加されました。他の変更点については、スパムや詐欺メールを自動的に検出してユーザーに警告を発する機能、「Notes」アプリにはパスコードや指紋認証でコンテンツの表示を防止する機能やテンプレートから特定フォーマットのメモを作成できるようになりました。また、「電卓」アプリでは通貨の換算機能が追加。「スキャナー」と呼ばれるアプリを利用すると、WeChat でのフレンド申請や Wallet / Alipay アプリの決済に利用される QR コードを生成できます。新たに追加されたバーコードリーダー機能を利用すると、読み取ったバーコードを基に商品をネットで検索して注文できるほか、カメラで撮影したものに類似した商品を提案してくれます。さらに、数式の計算も可能になりました。このほか、「ギャラリー」アプリでは、複数アイテムの同時選択やスワイプアップによる共有、動画の編集(エフェクトを適用するなど)が可能になりました。Source : MIUI

■関連記事
U-Moible、専門ショップ「U-NEXTストア 藤沢」を5月13日にオープン
Y!mobile、Nexus 5Xに5月のセキュリティアップデート(MTC19T)を配信開始
Xiaomi、6.44インチの大画面モデル「Mi Max」を正式発表、MIUI 8を搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。