ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界初】手の動きで操作するドローン「Handrone」 カスタマイズしてオリジナルのドローンをつくろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このところ話題に事欠かない飛行ドローン。ドローンといえば、専用の大きなリモコンで操作するイメージがあるが、今回紹介する「Handrone」は、ユーザーの手で操作できる世界初の飛行ドローンで、より感覚的な操作が楽しめるという。

・コントロールグローブをはめて操作

かさばるリモコンの代わりに使うのは、手にはめるコントロールグローブ。グローブといっても手袋のような全体を覆うタイプではなく、指の根元部分にはめ込む、いわゆる“メリケンサック”のような形状をしている。

飛行ドローンは、グローブをはめた手を上に動かせば上に、下に動かすと下に、右へ回転させればそちらにターンする。リモコンやスマートフォンで操作する形式よりも、もっと感覚的な操作を実現した。

・高解像度カメラの臨場感あふれる映像を楽しめる

ドローンには高解像度のHDカメラを搭載。専用アクセサリの“VR(バーチャルリアリティ)グラス”を着用すれば、リアルタイムで飛行中の映像を体感することができ、フライトの臨場感がより高まりそうだ。

音声認識機能、WiFi通信機能を保有していて、最大100メートルの範囲まで対応。重さは150グラム以下という超軽量である。

・オープンソースなのでカスタマイズも自由自在

また、「Handrone」はオープンソースとしてソフトウェアの開発を行っているのも特徴の一つ。

ユーザーは自分の好きなようにカスタマイズが可能で、スマートフォン向けのアプリ開発などもおこなえる。アップデートも随時実施される予定だという。

カラーは赤、青、白、緑、ゴールドの5色展開となる見込み。

現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中で139ドル(約1万5000円)で購入できる。順調にいけば提供開始は12月の予定だ。

Handrone

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP