ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

奇妙な友情が教えてくれた、“手放す”ことで見つかる新しい世界

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロッテルダム国際映画祭、モスクワ国際映画祭で観客賞を受賞した、映画『孤独のススメ』が公開中。

妻に先立たれたフレッドは、オランダの田舎町で毎週日曜日の礼拝以外は周囲との付き合いを避けて、一人静かにひっそりと暮らしていた。ある日、突然、言葉も過去も持たない男・テオが現れ、なぜかフレッドの家に居ついてしまう。不思議な共同生活には奇妙な友情が芽生え始め、次第に、ルールに縛られたフレッドの日常が鮮やかに色づいていく。しかし、田舎町の保守的な近隣住人たちは、彼らのことを問題視し村から追い出そうとして――。

メガホンをとったのは、今作が初監督作品となるオランダのディーデリク・エビンゲ監督。自分を取り巻く様々なしがらみから解放されるには? 家族を失った孤独な男が、もっと人生を自由に生きるヒントを教えてくれるはず!

孤独のススメ
監督・脚本:ディーデリク・エビンゲ
出演:トン・カス、ルネ・ファント・ホフ、ポーギー・フランセン、アリアーヌ・シュルター
(2013年/オランダ)
公開中
© 2013, The Netherlands. Column Film B.V. All rights reserved.
http://kodokunosusume.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP