ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホでリサイクル回収スポットを検索できるアプリ「Intellibins」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

限りある資源を永続的に利用し地球環境を保持するためには、不要となったものを分別・回収し、資源としてリサイクルすることが不可欠である。

米ニューヨーク市では、2030年までに埋立ゴミを90%削減するべく取り組んでいるが、リサイクル率は2015年時点で16%と、2013年時点での全米平均34.3%を大きく下回っているのが現状だ。

・ニューヨーク市内のリサイクル回収スポットをサクっと検索

「Intellibins(インテリビンズ)」は、ニューヨーク市内に設置されている不要品の回収スポットをスマートフォン上で検索できるiOS対応アプリケーション。

ペットボトル、缶、ガラス瓶、古紙、包装材など、21種類の中から、リサイクルしたい不要品の種類を選ぶと、現在地近くの回収スポットが表示される仕組みとなっている。

このアプリでは、ニューヨーク市のオープンデータプラットフォーム「NYC Open Data」やニューヨーク州環境保護局のウェブサイト「New York Recycles!」を通じて公開されているオープンデータを活用。

公共施設はもちろん、食品スーパーやカフェなど、市内1,500カ所以上の回収スポットが網羅されている。

・回収スポットを探す手間を効率化することで、リサイクルを推進

「Intellibins」は、位置情報をもとに回収スポットをマップ化し、スマートフォンで簡単に検索できる仕組みをつくることで、市民が回収スポットを探す手間を軽減し、不要品のリサイクルを推進しようとしている点が秀逸だ。

Intellibins

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP