ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初!ドローン分野に特化したオンラインマーケットプレイス「Airstoc」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

遠隔操作や自動制御によって無人で飛行できるドローン(無人航空機・UAV)の需要は、近年、急速に拡大。

アイルランドの調査会社「Research and Markets」によると、ドローンのグローバル市場の規模は、2015年時点で7.26億ドル(約800億円)だが、今後、年平均11.4%のペースで拡大し、2020年までに12億ドル(約1320億円)に達するとみられている。

・ドローンに特化した世界初のオンラインマーケットプレイス

英国のシェフィールドで2013年に創設された「Airstoc(エアストック)」は、ドローン業界に特化した世界初のオンラインマーケットプレイス。

ドローンで空撮した動画素材を販売するほか、ドローンの操作に長けた専門のドローンオペレーターを雇うことができる仕組みを備えている。

現在、世界105カ国5,000人以上のオペレーターが「Airstoc」に登録。

撮影場所や目的などに応じて条件に合うオペレーターを探したり、候補者に料金の見積りを依頼することが可能だ。

また、「Airstoc」は、ドローン業界にいち早く進出したマーケットプレイスであることから、英国の公共放送局BBC(英国放送協会)や清涼飲料水ブランドのレッドブル(Redbull)、スポーツ用品メーカーのアディダスらもクライアントとして名を連ね、メディア業界や広告業界はもとより、建設業や農業といった分野まで、ドローンを使った空撮に幅広く対応しているのも特徴といえるだろう。

・ドローンオペレーターの人材マッチングを効率化

ドローン市場が拡大するにつれて、安全かつ安定的にこれを操作できる専門オペレーターの需要も高まることが予想される。

「Airstoc」のようなマーケットプレイスが広がることで、ドローンオペレーターというニッチな人材マッチングも効率的に実現できそうだ。

Airstoc

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。