ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2016年5月)、Marshmallowのシェア拡大が勢いを増す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 5 月 3 日(現地時間)、2016 年 5 月の Android バージョン別シェアの統計データを公開しました。5 月のバージョン別シェアは(括弧内は前回)、1 位が Lillipop 35.6%(↓35.8%)、2 位が KitKat 32.5%(↓33.4%)、3 位が Jelly Bean 20.1%(↓21.3%)、4 位が Marshmallow 7.5%(↑4.6%)、5 位が Gingerbread 2,2%(↓2.6%)、6 位が ICS 2.0%(↓2.2%)、7 位が Froyo 0.1%(→ 0.1%)という結果でした。4 月の調査で大幅にシェアを上げた Marshmallow が、今回は前回よりも高い伸び率でシェアを上げていました。こうなった要因は、既存モデルにおける Marshmallow アップデートが盛んに行われるようになってきたことと、Marshmallow ベースのフラッグシップスマートフォンが続々と発売されているからだと推測されます。Marshmallow のシェアは拡大していますが、現在トップシェアの Lollipop は前回からわずか 0.2 ポイントしか下がっていません。つまり、依然として Lollipop へのアップデートや Lollipop ベースの新機種の投入が続いていると見られます。Source : Android Developers

■関連記事
Sony Mobile、Xperia用天気予報アプリを1.1.A.0.30にアップデート、ウィジェットの透明度設定機能や表示内容のカスタマイズ機能を追加
TwitterがモバイルサイトのUIを刷新、同じデザインをAndroidアプリでテスト中
Sony Mobile、欧州でXperia X / X Performance / XAの予約を開始、現地での定価が確定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP