体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーメン激戦区! 町田にオープンした『バラそば屋』に行ってみた

bara-shouyu017_R

今回は町田市(やや東京都)に新しくオープンしたばかりの『バラそば屋』に訪れてみました。

4月は新年度と言う事で多くの店が新規オープンする季節でもあります。その実力はいかがなものか、取材する側としても楽しみ半分、怖さ半分というところで御座います。

第二踏切近くにある『バラそば屋』

bara-shouyu015_R

小田急町田駅の第二踏切近くにオープンした『バラそば屋』は『バラそば醤油』と『バラそば煮干し』の二本立てを軸にするラーメン屋さんみたいです。

bara-shouyu013_R

町田以外の店舗では塩味などもあるので、のちのちメニューに追加されるかもですね。

ちなみにこの場所は何軒ものラーメン屋さんが入れ替わっていて、この『バラそば屋』さんも中の人は前のラーメン屋さんと同じ感じでした。ラーメン激戦区である町田は、よほどでなければ生き残れないので、是非とも頑張って頂きたいものです。

bara-shouyu016_R

前の店もシャレオツだったので、そのシャレオツ感のある内装は、ほぼ引き継がれています。

bara-shouyu001_R

カウンターも綺麗なので女性客でも入りやすそうですね。

若干、調味料が多すぎな予感ですが、多い分には使わなければ良いだけなので、特に問題はないかもしれません。

bara-shouyu026_R

しかし!

あまりに調味料が多いと「デフォルトじゃ美味しくないのか?」みたいな読みも出来るので、多ければ良いってものでもありません。

『バラそば醤油』を所望せざるを得ない件

bara-shouyu014_R

この日は煮干しな気分だったのですが、未だに『バラそば煮干し』は完成していないらしく、提供されるのは『バラそば醤油』のみでした。

というわけで、強制的に『バラそば醤油』を食べることになります。

味玉や肉増し等のトッピングが気になりますが、やはり筆者のスタイル”デフォルト至上主義”を貫く為に今回もトッピング類なしに徹します。

『バラそば醤油』を食す!

bara-shouyu018_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。