ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

車も自転車ももう古い!?中国生まれのスマート一輪車「Ninebot One」の最新版が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テクノロジーの進化によって実現した、乗り物の小型化。テッカブルでも以前、世界最小の電気自動車「WalkCar」を紹介したが、これはその進化版と言えるだろう。

「Ninebot One S2」は、持ち運びできるパーソナルトランスポーター。北京を拠点とする企業Ninebot社によって開発された、シリーズ製品の最新版として登場。ウェイトは、わずか11.4キログラム。時速24キロメートルで、最大距離30キロメートルを走破するスマート電動一輪車だ。

・セグウェイより手軽な次世代型モビリティ

操作に特別な技術は必要なし。ホイールに付いているペダルに足を乗せ、行きたい方向へ負荷をかけるだけで動く。この点は、「WalkCar」と一緒だ。

内部の回路システムは、IP54規格に準拠した堅牢な材質で保護されているため、雨天時の走行にも対応。15度までの傾斜面や草地、砂利道も問題なく走り抜ける。

専用アプリを使えば、さらに便利。ライダーはBluetooth経由で、スピードや走行距離を管理したり、コミュニティプラットフォームで他のユーザーと交流することもできる。

・ホイールもライトも自分好みにカスタマイズ

ホイール空白部分のカスタマイズもOK。イラストやペイント、ラベルでオリジナリティを演出するのも面白い。夜間対策の照明も、数千種類からセレクト可能。こちらは、アプリから設定できるようになっている。

気になるお値段は、今のところ未定。しかし、先行品「Ninebot One」が20万円なので、おそらくそこに近い価格になるのではないか、と予測される。

Ninebot One S2

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP