体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【一人旅あるある】一人旅で困ったこと7選!トラブル対策方法は?

【一人旅あるある】一人旅で困ったこと7選!トラブル対策方法は?

一人旅はひとりならではの楽しみやメリットもたくさんありますが、困ることも多いもの。そこで一人旅中の旅人がよく出くわす「困ったこと」と、その対策方法をお伝えします。

記念撮影を撮るのも一苦労

一人旅で困ることあるある7選&対策方法

旅の思い出を記録してくれる写真。どうしても旅先の風景ばかりになりがちで、自分の写真をなかなか撮ることがない一人旅。でも、後で写真を友達や家族と見る時に盛り上がるのは、やはりあなた自身が楽しそうに旅をしている姿が映っている写真です。

周りにいる観光客や地元民にシャッターを押してもらえるようにお願いする方法もありますが、見知らぬ人にカメラを渡すのは盗まれる危険性もなきにしもあらず。お願いする際は話しかけやすそうな家族連れやカップル、海外旅行時は日本人観光客を探すなど、人を選ぶことをおすすめします。

「写真を撮る度に誰かにお願いするなんて煩わしい」という方は自撮り棒がおすすめ。ただし混雑した場所などでは周囲の迷惑になることもあるので、使用時は周りに配慮して。朝早い時間帯に観光すると人も少なく、ゆっくりと撮影も楽しめますよ。

また軽量かつコンパクトな小型三脚もおすすめ。ただし小型三脚を利用して自分を撮影する際は、カメラから離れてしまうため注意が必要です。日本ではあまり聞かないかもしれませんが、海外では一瞬のスキを突かれてカメラを盗まれた・・・なんて話もよくあるのでご注意ください。

一眼レフなど高級なカメラを愛用している方は、一人旅中は「風景撮影用には高級カメラ。手元から離さない」「自分の撮影用には普通のカメラ。他人に渡したり、三脚に取り付ける用」というように使い分けると良いかもしれません。

お手洗いへ気軽に行けない

一人旅で困ることあるある7選&対策方法

誰かと一緒に旅をしていると「ちょっとカバンを見ていてね」と、気軽に荷物を残してお手洗いに行くことができますが、一人旅だとそう簡単にはいきませんよね。

「カフェの席や乗り物の座席に荷物を置いたままお手洗いに行って、席に戻ったらなくなっていた・・・!」なんて事態に陥らないよう、やはり「荷物から目を離さない」を肝に銘じましょう。

飛行機や新幹線など乗り物の移動時なら大きな荷物は座席に置いていても心配ありませんが、貴重品は必ず肌身離さないこと。また、できることなら大きな荷物を持ってカフェやレストランを利用するのは避けたいところですが、どうしても仕方がないこともありますよね。そんな時お手洗いに行きたくなったら席に放置しないで、店員さんに一言声をかけておくと安心です。ですが、あくまで自己責任。もちろん、貴重品はお手洗いへ一緒に持ってゆきましょう。

移動が大変

一人旅で困ることあるある7選&対策方法

何人かいると、大きな荷物があっても手分けして運ぶことができますが、一人旅だとそうにもいきません。先にも述べたように大きな荷物があると移動中にお手洗いへ行きたくなったときも大変! そのため基本中の基本かもしれませんが、やはり荷物はできるだけ軽く、コンパクトにまとめるようにしましょう。

また国内旅行だとホテルなど宿泊場所から自宅まで大きな荷物を宅急便で送ることもできるので、そのようなサービスを利用するとラクに移動することができますよ。

ホテル代が高くつく

一人旅で困ることあるある7選&対策方法

これはどうしようもないことですが、一人旅だと一人部屋追加料金が発生することが多いため、ホテル代が割高になってしまうことがしばしば。

ホテルの部屋でひとりでゆっくり寛ぎたい・・・という方ならば、非日常感を満喫するために、たまには思い切って敢えてラグジュアリーなホテルに泊まるのも一案。一方、もし「寝るだけだから、あまりホテルにはこだわらない」という方であれば、一人でも安く泊まれるホステルなどのドミトリー(相部屋)を利用するといいかもしれません。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会