ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年Q1の世界スマートフォン出荷台数シェアでLenovoやXiaomi、LGがトップ5から姿を消す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 IDC は 4 月 27 日、2016 年 Q1(1月~3月)における世界のスマートフォン出荷台数に関する調査結果を発表しました。調査結果によると、この期間の出荷台数は 3 億 3,490 万台と、前年同期から 0.2% ながらも増加しましたが、誤差を考慮すると実質的には横ばいだったと見られます。メーカー別の出荷台数シェアを見ていくと、トップは Samsung で、出荷台数は前年同期比 0.6% 減の8,190 万台。2 位は Apple で、出荷台数は前年同期比 16.3% 減の 5,120 万台でした。トップ 2 社の出荷台数は減っていますが、中国メーカーは大幅な増加を記録しています。3 位の Huawei は前年同期比 58.4% 増の 2,750 万台を記録。さらに、中国メーカーの OPPO と Vivoが これまでトップ 5 入りしていた Lenovo や Xiaomi を上回り、4 位と 5 位に浮上しました。IDC の調査結果はトップ 5 までなので、6 位以下のメーカーは分かりませんが、6 位以下には、Lenovo、Xiaomi だけではなく、Meizu、Coolpad、Gionee などの他の中国メーカーが入っているはず。つまり、トップ 10 の大多数を中国メーカーが占めているはずです。Source : IDC

■関連記事
米国のGoogleストアでMoto 360 Sportが購入不可に、早々に販売を終了か?
Samsung、Oculus RiftやHTC Viveに対抗する新VRヘッドセットを開発中
LG G5のデュアルカメラを活用した「ポップアップピクチャー」機能を紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP