体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【画像】入場無料! ルイ・ヴィトンの歴史を紐解くラグジュアリーな展覧会『旅するルイ・ヴィトン』展レポ

IMG_0346-s

『ルイ・ビィトン』
誰もが知っているファッションブランドであり、誰もが憧れるファッションブランドだ。しかし現代の日本において、そのファッションの歴史における数々のエポックメイキングなプロダクトについて思いを馳せる事は、ともすれば一筋縄ではいかないかも知れない。何故ならば、ルイ・ビィトンの真髄とは「旅」においてこそ見られるからである。一体どれだけの人が、「旅」のシーンにおいてルイ・ビィトンを見出すのであろうか。
財布やハンドバッグではなく、である。

そこで朗報。4月23日より東京紀尾井町において、時代の変化と共に変化していった旅とルイ・ビィトン、そしてそのルーツに迫ることが出来る特別展示『旅するルイ・ヴィトン』展が開催されている。
予想を全く裏切らない、恐ろしくラグジュアリーなこの展示はなんと無料。そもそも展覧とは名ばかりで、その実ちょっとした博物館クラスの規模をも誇る同展覧会。実際の製品に裏打ちされた、確かな歴史の厚みを感じる事ができる展覧会の様子を、写真と共にお伝えしたい。

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)展では、創業者一族のアーカイヴから今日のルイ・ヴィトンを創り上げる人々にいたるまで、1854年から現在までのルイ・ヴィトンの壮大な軌跡を辿る旅をお楽しみいただけます。

開館時間
2016年4月23日(土)-2016年6月19日(日)
午前10時-午後8時(最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(5/9, 5/16, 5/23, 5/30, 6/6)
※ただし4/25, 5/2, 6/13の3日間のみ午後1時より開館

4/23より「旅するルイ・ヴィトン」展開催|ルイ・ヴィトン
[リンク]

IMG_0221-s

会場にたどり着くと、ルイ・ビィトンのラゲージを沢山積んだ黄色い車が出迎えてくれる。今から旅に出んとするかのような、心くすぐられる粋な計らいだ。
中に入ると左右にカフェとショップが見られるが、こちらは後ほど触れるとしよう。先に進むと入場口が見えてくる。混雑時は、事前のオンライン予約が便利だ。改めて言うが、入場は無料。店舗と同様に、極めて丁寧にスタッフが誘導してくれる。また入場の際には、国立博物館で見かけるような音声ガイドを借りる事が出来る。こちらも無料。至れり尽くせりとは当にこの事か。

1 2 3 4 5次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。