ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沖縄・小浜島のオバァに学ぶ、歳をとっても元気で暮らせる秘訣

DATE:
  • ガジェット通信を≫


沖縄・石垣島から高速船で約30分。NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』で一躍有名になった「小浜島」がある。ここで暮らす平均年齢84歳のばあちゃん合唱団が国内外で注目を集めている。いつも笑顔で元気に歌って踊る、その姿に魅了される。なぜ、この島のオバァたちは、歳をとっても元気なのだろうか。その理由を探る。

80歳が合唱団の正式メンバーになる条件

「KBG84」。書き間違いではない。小浜島ばあちゃん合唱団。平均年齢84歳。略してKBG84だ。「天国に一番近いアイドル」がキャッチフレーズであるKBG84の正式メンバーになるには80歳以上であることが条件。80歳未満は研究生として活動を支える。島のオバァたちは、正式メンバーになれる80歳になるのを楽しみにしているのだ。

KBG84の活動は一過性のものでもなければ、イベントのときだけに借り出されるグループでもない。ごく日常的に集まっては歌や踊りのレッスンをしている。さらにいえば、小浜島にとどまらず、東京や大阪、札幌でもコンサートをするダンス&ヴォーカルユニットなのだ。

もともとは、島の高齢者が家に引きこもるのを防ぐために、発起人の花城キミさん(90歳)の一言ではじまった集まりだった。デイケアサービスの先駆けのような形のボランティア組織「うふだき会」がKBG84の前身。島でひとり暮らしをしている高齢者に声をかけ、食事会や茶飲み話をすることが当初の目的だった。でも、一番盛り上がったのは「初恋の話」だったという。いくつになっても、女性は恋話が元気の源なのかもしれない。

月に一度集まるうちに、昔の歌をみんなで歌ったり、歌が苦手な人は踊りを披露したりと、今の合唱団に繋がる活動をしていくようになったそうだ。

小浜島は、昔からの行事や伝統を大事にする島で、島の人は、みんな芸達者だ。若いころは、子育て、家事、農作業に追われていて、歌や踊りといった楽しみをする時間がなかった。それでも体が覚えている。ようやくすべてのものから解放されて、歌や踊りを楽しめるようになったのが今なわけで、練習にも熱が入る。80歳になってからの楽しさ、喜びを体全体で表現しているかのようだ。

【画像1】KBG84の練習風景。東京公演を前に練習に励むが、ちょっとしたことで笑顔がこぼれ、笑い声が響く。赤のポロシャツは正式メンバー。研修生は青のポロシャツ。座る位置も年の順で決まっている。いくつになっても、年下が年上を敬うのは当たり前と、お茶を出す順番も間違えてはいけない(写真撮影:伊藤加奈子)

【画像2】ボランティアでお昼のお弁当を用意する。島で採れた野菜を持ち寄り、煮つけにしたり、石垣島で買ったデザートを差し入れたりと、実に豪華なお弁当。この日はちょうど2カ月に一度の誕生日会。童心にかえったように全員でお祝いをする。年功序列はあるが、お誕生日会では、一人ひとりが主役(写真撮影:伊藤加奈子)

97歳で初めて病院に行き、健康保険証を使う

合唱団のオバァたちは、「人生、80歳からが楽しいさあ」と言う。さらに驚くことに、「つらかった」と愚痴をこぼしたり、過去を振り返ったりはしない。「今、生きていることに感謝する。泣いていたら人は寄ってこない。だから笑顔で毎日を元気に暮らすことが一番」と口をそろえて言う。

当然、戦争を体験し、ツライ思いを抱えているはず。ましてや離島。戦後しばらくたっても、水道や電気は引かれることがなく、ないもの尽くし。現在では想像もつかないほど「不便」であったはずなのだ。それでも、つらかったとは言わない。

【画像3】(左)最高齢97歳の山城ハルさん。ゲートボールが趣味。島のはずれにあるゲートボール場まで歩いて通う。ある大会で準優勝したというツワモノだ。(右)山城ハルさんとともにセンターをはる92歳の目仲(めなか)トミさん。普段は杖が欠かせないが、ひとたび音楽が流れはじめると杖を放り投げて踊りだす、合唱団一のムードメーカー(写真撮影:西 秀一郎)

合唱団で最高齢の山城ハルさん(97歳)は、こう話す。

「ないのが当たり前。ないならつくればいい。塩も味噌も酢もなんでも自分たちでつくる。米も麦もつくる。それができる島の自然に感謝するわけです。今は何でも手に入りますが、だからと言って贅沢したいとは思いません。贅沢ってなんだろうと思うのです」

山城さんをはじめ、島の人は薬草の見分け方も知っている。風邪をひいたら煎じて飲む薬草、熱が出たら氷枕がわりにする植物、あせもができたら塗る草花、と島に自生するもので大概の病気は治してきたそうだ。笑い話のようだが、山城さんは97歳にして、初めて病院にかかり健康保険証を使ったそうだ。

何も民間療法や沖縄独特の風習ということではない。今でいう「地産地消」。その地に合ったものをつくり、食べ、少々の病気なら昔から島にある薬草で治してしまう。先人が長寿であるわけだから、同じように生活して体に悪いはずがない。

合唱団でセンターを務める目仲トミさん(92歳)も「この年になっても、毎日食事は自分でつくります。足腰丈夫で歩けること、食べられることが、ありがたいのです。朝起きてから1日のやるべきことは決まっています。その繰り返し。長生きしていることは、人生のごほうびだと思うから、毎日笑い、いっぱい食べるんです」と話す。

歳をとっても元気なのは、自分がやるべきこと、役割があるから

600人ほどの小さな島。サトキビ畑が一面に広がり、放牧されている牛がのんびりと草を食んでいる。田園風景の島なのだが、集落は意外と密集していて隣家が近い。しかし、過剰な干渉はしないのが暗黙のルール。集まりに来なくなれば声をかけに行くし、何の用事がなくても「ゆんたく(沖縄の方言でおしゃべり。井戸端会議のようなもの)」に行くこともある。でも必要以上に口出ししたり、手伝ったりすることはない。

「島では1年の行事が決まっています。それぞれの家の役割があり、自分の役割もあります。その行事を滞りなく執り行うために、1年前から、1カ月前から準備をするのです。だから1日1日をきちんと過ごさないと、1年後の行事ができなくなってしまいます。自分の家のことで精一杯なんですね。でも、みんな頑張っているのが分かるから、だから自分も頑張れるんだと思います」と、世話役の嘉手川昭子さんが説明してくれた。

合唱団の知恵袋的な存在の白保夏子さん(84歳)は、こう話す。

「野菜を育てたり、織物を織ったり、味噌をつくったりと、みんなひと通りのことはできます。でも得意なことが違います。そのほうが足りないところを補ったりして、助け合うことができるからです。歌や踊りもそうです。それぞれが得意なことなら、自信をもってできるのです。みんな同じで違いがなければ、色とりどりの花を咲かせることはできません。違いがあるからこそ、きれいな花がたくさん咲いて、みんなが喜ぶんじゃないかしら」

白保さんは、合唱団で地方に遠征するときなどは、率先して新しいことにチャレンジする「若手」としての役割もある。旅先のホテルの部屋の使い方が分からなければ、やってみる。使い方が分かれば、みんなに伝える。「周りの人は心配しますけど、何事も勉強。この歳になっても知らないことに出合う、そんな機会を設けてもらっていることに、うれしいという気持ちしかありません」

発起人の花城キミさんが、歳をとってからの自分の役割について、語ってくれた。

「例えば、機織りにしても、昔は、糸を紡ぎ、染色し、機織りし、着物に仕立てる、これを全部ひとりでするんです。家族全員分を。でも歳をとったらできませんね。だから糸巻きまでして後輩に譲るとか、自分が今できることをすればいいんです。できないからやらないんじゃない。できるって決めたら、できるんです」

【画像4】(左)小浜島は農業、漁業、畜産の島。あちらこちらで放牧中の黒牛に出合う。子どもたちは、仕事のために島を出てしまうので、ひとり暮らしの高齢者が多い。(右)島の西側からは、西表(いりおもて)島がすぐそばに見える。八重山の島々は、自然環境が異なるため同じ離島でも暮らしぶりは変わる。小浜島は真水が湧き出るため、昔から稲作も行われていた(写真撮影:伊藤加奈子)

【画像5】島の中央を貫く、通称「シュガーロード」。両脇にはサトウキビ畑が広がる。「島の道路が舗装されたのは最近。車がない時代は歩いてどこまでも行きました」と山城ハルさんは言う。山城さんは、今でもゲートボールに歩いて通う健脚の持ち主(写真撮影:伊藤加奈子)

「KBG84」のプロデューサーでシンガーソングライターの、つちだきくおさんに話を聞いた。

「とにかく元気。その元気さと笑い声に圧倒されます。月1回集まっての練習をサポートしているうちに、いつの間にか、うふだき会の正規メンバーに登録され、今では会長にさせられてしまいました(笑)。東京や大阪、札幌などでコンサートをするようになったのは、何気なく、僕のライブで歌って踊ってみる?と聞いたのが最初。全員が行く!と即答。そのエネルギー、パワーはどこから湧いてくるの?と思いますよ。

彼女たちの元気の秘訣は、前向きさじゃないでしょうか。僕たちが知りえない苦難の過去があったに違いありませんが、今を生きる、毎日を笑顔で過ごす。これに尽きるんじゃないでしょうか」

どうしたら元気で生活してもらえるのか、高齢の家族を持つ人は、あれこれと悩んでしまう。しかし、手厚い介護があれば元気でいられるとは限らない。手を差し伸べられる程よい距離感を保ちながら、自立した生活が送れる「何か」が必要なのかもしれない。それは、特別なことではなく、仲間が集まり、おしゃべりし、歌い、踊り、たくさん食べること。そして笑顔でいることが最大の元気の秘訣なのではないだろうか。●取材協力

ザ・カンパニー

・KBG84(YouTube)●参考資料

・『笑顔で花を咲かせませしょう』(KBG84著・幻冬舎刊)
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/04/09932_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

5人の子をもつ母が語る、わたしが沖縄・離島へ移住したわけ
沖縄古民家を守れ! 家賃3万円の定住促進プロジェクトとは?
60代のリフォーム実例、シニアライフを楽しむためのコツとは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP