ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春は体調を崩しやすいとき。大人の風邪を甘く見ないで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

春は、体調が安定しないもの。暖かいと油断していると、急に夜間に冷え込んだり。くしゃみと鼻水が止まらないのは、風邪なのか、アレルギーなのか区別がつきにくい季節でもあります。でも熱があったら、風邪かもしれませんよ。

会社を休めない

忙しかったり、疲れていたりするとついつい引きやすい風邪。季節を問わず、罹りやすくなっていませんか?

仕事が忙しくて、とても会社を休めない。明日はクライアントとの打ち合わせがあるし、課長から会議の召集がかかっちゃったし。とりあえず売薬を飲んで、なんとか凌ごうとするものの、一向に治らずこじらせたことはありませんか?

いつか治るはずが、長引いて治らない風邪

大人になると、だんだん自然治癒の力が弱まってきます。免疫力が落ちていると、自力で治すのは無理かも。

お医者さんへ行こう

様子がおかしいと思ったら、早めにお医者さんへ行きましょう。

お医者さんには出来れば行きたくないものです。待合室で長く待たされるのも嫌だし、怖いし(苦笑)。誰でも同じですよね。でも、健康のプロに診断していただき、症状にあったお薬を処方して頂くのが、治癒への一番の早道です。筆者の経験から申し上げますと、素人判断は、病気の治りを遅くしますよ。風邪は内科医ではなく、耳鼻咽喉科のお医者様でも診て頂けます。

ただの風邪じゃない場合もある

調べてもらうと、インフルエンザ、肺炎のこともあります。こうなると、自力で治すのはもちろん無理です。

こじらせてしまったら

無理は禁物。仕事だけがすべてじゃありません。不健康な状態で仕事をしても、良いアイデアも浮かびませんし、もちろん集中出来ません。思い切って、身体を休めましょう。

フレッシュなオレンジジュースを飲む

風邪、インフルエンザ、肺炎などにかかった場合、水分を多めに摂りましょう。
筆者は100パーセント果汁のフレッシュ・オレンジジュースを枕元に置いて、喉が乾いたら、まめに飲んでいました。

オレンジジュースには、ビタミンCが多く含まれています。ビタミンCには、「抗酸化作用」「免疫力を高める」「疲労回復効果」が期待できます。果汁を絞ったり、口当たりの良いゼリーなども良いでしょう。

たっぷりの野菜スープをいただく

家にある野菜で良いと思います。玉ねぎ、人参、白菜、キャベツ、じゃがいも、セロリなど。野菜を適度な大きさに切って鍋に放り込み、水とチキンブイヨンやコンソメをいれて煮込むだけ。簡単です。殺菌作用のあるにんにくと生姜もたっぷりいれましょう。

生姜は辛いので、すりおろして入れると気にならなくなります。にんにくは刻んでも良いですが、常備タイプのチューブや瓶入りのものが便利です。野菜たっぷりのスープを頂くと身体が温まり、筆者の場合はとても効果的でした。1回作っておけば何日か食べられるので、料理をしたくない体調が悪い時には助かります。スープを煮ていると、部屋が温まり湿度も保たれますよ。

■関連記事
どれも効き目がありそう!世界各国の風邪予防と風邪対策17選
http://tabizine.jp/2015/11/10/49641/

温かくして、汗をかく

身体を冷やさないように温かくして、汗をかいたら、まめに着替えましょう。化繊ではない、綿素材のものを着て休みましょう。

普段から免疫力を高めるよう心がける

1.喫煙を控える(免疫力を低下させる)
2.お酒を飲みすぎない(アルコールは免疫力を弱める)
3.睡眠を十分とる
4.適度な運動
5.笑う(笑うことにより免疫力がアップ)
6.ストレスを溜めない
7.バランスの良い食事を心がける

気温の変化の激しい季節、自分の健康は、自分自身で守りたいもの。でも、自分一人で抱え込まず、たかが風邪と侮らないようにしましょう。

「風邪は万病のもと」といいますよね。どうぞ、お大事に。

[免疫プラザ]
[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP