体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

二郎を知らない人達も絶賛する二郎インスパイアを食べてみた @『最強ラーメンFes,』町田

bucher016_R

『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』には色々なラーメンが揃いますが、ここで大事なお知らせで御座います。

「二郎系は意外と少ないぞ!」

まあ方向性が同じラーメンなので確かに没個性な予感は否めませんが、もっと色々な二郎インスパイアも楽しみたい筆者で御座います。

っていうか、むしろ“二郎インスパイア100%なラーメンフェス”とかあったら面白い予感ですね。

というわけで、今回は沼津で有名な『らーめんブッチャー』を町田のシバヒロで開催中の『最強ラーメンFes,』で食べてみました。

元祖ガッツリ系『らーめんブッチャー』

bucher000_R

沼津といえば箱根に近く、走り屋とヤンキーもしくはヤンキーな走り屋で名を馳せる地域ですが、何気にラーメン屋さんは微妙な予感です。

bucher001_R

ちなみに筆者の親戚も多く住んでいるので、あまりディスると怖いので省略しますが、ぶっちゃけ田舎なので走るか釣りをするしか娯楽がありません。

bucher003_R

今回ばかりは“デフォルト縛り”をやめてトッピングしたい衝動に駆られましたが、そこはプロですので公平にジャッジする為に今回もノーマルで食べることにします。

『ふじそば』を食す!

bucher015_R

言うまでもなくNOT『富士そば』ですので、いわゆる二郎インスパイア的な何かで御座います。

「まさに富士山の様な山盛り!」

というのは、イベント丼という容器的な何かの限界もあるので微妙な感じですが、デフォルトでこの盛りっぷりなら文句なしではないでしょうか?

bucher019_R

特にチャーシューの存在感は絶大で、ビジュアル的なインパクトは高めで御座います。

bucher020_R

お約束のニンニクも入っているので、会場の入り口でパンフレットと一緒に配られている『ブレスケア』を貰っておくと良いかもですね。

DSCF0573_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。