ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

二郎を知らない人達も絶賛する二郎インスパイアを食べてみた @『最強ラーメンFes,』町田

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
bucher016_R

『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』には色々なラーメンが揃いますが、ここで大事なお知らせで御座います。

「二郎系は意外と少ないぞ!」

まあ方向性が同じラーメンなので確かに没個性な予感は否めませんが、もっと色々な二郎インスパイアも楽しみたい筆者で御座います。

っていうか、むしろ“二郎インスパイア100%なラーメンフェス”とかあったら面白い予感ですね。

というわけで、今回は沼津で有名な『らーめんブッチャー』を町田のシバヒロで開催中の『最強ラーメンFes,』で食べてみました。

元祖ガッツリ系『らーめんブッチャー』

bucher000_R

沼津といえば箱根に近く、走り屋とヤンキーもしくはヤンキーな走り屋で名を馳せる地域ですが、何気にラーメン屋さんは微妙な予感です。

bucher001_R

ちなみに筆者の親戚も多く住んでいるので、あまりディスると怖いので省略しますが、ぶっちゃけ田舎なので走るか釣りをするしか娯楽がありません。

bucher003_R

今回ばかりは“デフォルト縛り”をやめてトッピングしたい衝動に駆られましたが、そこはプロですので公平にジャッジする為に今回もノーマルで食べることにします。

『ふじそば』を食す!

bucher015_R

言うまでもなくNOT『富士そば』ですので、いわゆる二郎インスパイア的な何かで御座います。

「まさに富士山の様な山盛り!」

というのは、イベント丼という容器的な何かの限界もあるので微妙な感じですが、デフォルトでこの盛りっぷりなら文句なしではないでしょうか?

bucher019_R

特にチャーシューの存在感は絶大で、ビジュアル的なインパクトは高めで御座います。

bucher020_R

お約束のニンニクも入っているので、会場の入り口でパンフレットと一緒に配られている『ブレスケア』を貰っておくと良いかもですね。

DSCF0573_R

ちなみに、いつも配っているわけではなさそうなのでタイミングが良ければって話ですので御了承下さい。

bucher023_R

野菜というかモヤシの盛りもイイ感じではないでしょうか?

丼さえ大きければ、もっと盛りたいと店側も思っていると推察され、ここら辺がラーメンイベントの弱点であると言わざるを得ません。

麺の再現度も高し!

bucher022_R

どうしても『ラーメン二郎』と比べざるを得ない『らーめんブッチャー』の『ふじそば』ですが、麺の再現度は高めではないでしょうか?

しかも茹で加減もデロることなく、ベストなタイミングで茹で上げているので、普通に極太麺としてエンジョイ出来ます。

しかも!

『ふじそば』の極太麺には縮れが加えられているので、背脂の運びが良いという背脂マニアにとっては喜ばしいメリットがあります。

背脂の利いたスープはまさにソレである!

bucher021_R

スープも“非乳化”で良いですね。ここら辺の再現度の高さはリスペクトです。

中途半端な二郎インスパイアの店よりも、遙かに『ラーメン二郎』に近いスープかと思われ、『ラーメン二郎』のない静岡県民のハートを掴んだのも、納得の仕上がりで御座います。

bucher025_R

また、良くも悪くもイベント丼な為に麺量は控え目なので、ラーメンマニアではない一般ピープルが『ラーメン二郎』を知らずに『らーめんブッチャー』の『ふじそば』を食べて

「ちょっと脂っぽいけど美味しい!」

みたいな素直な感想を漏らしているのを聞いて嬉しくなった筆者です。

bucher024_R

やはりお世辞にも綺麗とは言えない『ラーメン二郎』の盛り付けと、アホみたいなボリュームは一般人にはとっつきにくいのですが、このようなイベントでライトユーザー層に

「二郎インスパイアの美味しさを知って貰う」

ということの意義は非常に高いと思われ、色々な意味で『らーめんブッチャー』を評価したい筆者で御座います。

『ふじそば』 総評

bucher002_R

どうしても丼の制約があるので“二郎インスパイア”はイベントでは不利なのですが、逆にボリュームも誰もが食べ切れる量に制限されてしまうため、一般ピープルが食べやすいってメリットを見出した筆者です。

また、何杯かを食べ比べしたいラーメン好きも、このくらいのボリュームであれば2杯目も回れるメリットがあります。

つまり!

イベントでは確かに『ラーメン二郎』のアレやらコレやらを100%再現するのは不可能ですが、逆に並び方やコールやらボリュームと言った障壁が排除され、より多くの人が“二郎インスパイア”を楽しめるのは素晴らしいことかと存じます。

しかも『らーめんブッチャー』の『ふじそば』はラーメンとして美味しいので、『ラーメン二郎』の存在すら知らない人達が、先入観なしで一杯のラーメンとして評価してくれるのは面白いと思った次第です。

と、言う訳でジロリアン(ほぼ死語)ではない、一般の人達にこそ食べて欲しいと思った『ふじそば』でした。

『最強ラーメンFes,』公式サイト
http://dai-tsukemen-haku.com/ [リンク]

『最強ラーメンFes,』会場、『町田シバヒロ』地図

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。