体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Dragon Ash、ツアー『The Lives』Zepp Tokyo公演が大盛況

Dragon Ashが4月15日、ZEPP TOKYOにて2年ぶりとなる全国ツアー『The Lives』をスタートさせた。
4月15日@Zepp Tokyo (okmusic UP's)
今回のツアーは、初の武道館公演でファイナルを迎えた2014年のツアー『The Show Must Go On』以来のワンマンツアー。今や大型フェスやイベントでひっぱりだこの強者ライヴバンドが、久々のワンマンにどんなセットリストで挑み、バンドの本領をどう発揮するのか!? 

場内アナウンスが暗転を告げると、今回のツアーは、ここ最近のライヴや前回のツアーとは確実に違うことを誰もが直感する。その直後、期待ではちきれそうなフロアにアッパーなBGMに合わせて場内から手拍子と歓声が沸き起こる。盛り上がる準備は万端だ。

そして、直感は的中した。新たなロゴマークがバックドロップに描かれたステージに現れたメンバーが奏で始めたのは、Dragon Ash史上最も実験的だった時期のナンバーだ。そこに、最新アルバム『THE FACES』からのナンバーや、久々の披露となる待望のライブチューンが入り混じり、最新かつ最強のライブ・サウンドとなってフロアに襲いかかる。誰もが想像すらしていなかった意外なセットリストと、並々ならぬバンドの熱量に、オーディエンスの興奮も一気に頂点へ。

 

「ゴリゴリの新曲をやらせてください」

Kjの言葉の後に初披露されたのは、新曲「Headbang」だ。耳新しいヘヴィロックなサウンドと強烈なフックに、最初は懸命に聴きこもうとしていたオーディエンスも、いつの間にか拳を上げたりモッシュでレスポンス。きっとツアーが終わる頃には、「Headbang」は確実に名ライヴチューンのひとつへと進化していることだろう。

その後も予想外の進撃は止まらない。ギターを手離し、マイクだけを手にしたKjのラップがダビーなビートの上をグルーヴ。さらに、リリカルでアグレッシヴな新曲「Circle」も披露。これまた初めて聞く曲にも関わらず、場内から手拍子が沸き起こる。

「お前らが助けてほしい時、力になってやれないかもしれない。だけどライヴハウスではみんな仲間だ」

Kjがフロアに向かって言う。デビューから約19年の歳月をかけ、Dragon Ashが築き上げてきたライブというかけがえのない場所。そこは、どんな日常も現実も忘れて、ただ音楽に飛び込むことができる聖地だ。Dragon Ashの音と言葉は、アルバム毎に形を変えながら、つねにそこに向けて奏でられてきた。『The Lives』はまさに、そんな彼らの真髄を象徴するツアータイトルと言えるだろう。

「このツアーは九州(福岡)がラスト。お前らの気持ちを直接届けてくる。(グッズの)Tシャツ買わなくていいからさ、小銭でもいいから、誰か1人でも笑顔にできたらサイコーじゃん?」

Kjがオーディエンスにそう呼びかける。奇しくもこの日、前夜に多数の死傷者を出した熊本地震が発生。5年前のあの日から、自分たちに出来る形で東北を支援し続けている彼らは、急遽ロビーに熊本・九州地震支援の募金箱を設置。Dragon Ashがこれまでにも地道な被災地支援を続けていることを知っている観客たちは、大歓声と熱いシンガロングでバンドの誠意にしっかりと応えていた。

全国ツアー『Dragon Ash Tour The Lives』はこの後、ラストを飾る5月4日の福岡公演まで、福島県、岩手県など、計7か所を回る。現在バンドは、ニューアルバムに向けてレコーディングを始めたところ。フェスやイベントなどでは味わえないDragon Ashの本領と、次なるステージへと続く予兆をぜひ体感してみてほしい。

そして、このツアーの中でも特別なライブになるであろう、石巻BLUE RESISTANCEでのライブをLINE LIVEで生配信することも決定している。この会場はDragon Ashメンバーもその活動に参加した「東北ライブハウス大作戦」によって作られたライヴハウスである。当日の会場キャパは200人で、現在のバンド編成になって最も収容人数の少ない会場でのライブとなるが、バンドの強い意向によりこの地でのライブが実現する。

記念すべきこの地でのライヴをぜひ体感して欲しい。

TEXT:早川加奈子

PHOTO:浜野カズシ

【LINE LIVE配信情報】
日時:4月24日(日)17:00~生配信

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。