ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android N Developer Preview 2で顔や人間をモチーフにした絵文字が多数改良される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android N の Developer Preview 2 で利用できる絵文字が Unicode 9 ベースにアップグレードされて、顔や人間をモチーフにした絵文字が増え、以前から提供されている顔・人間の絵文字もより人間っぽい感じで表示されるようになりました。今年 1 月の時点で Unicode 9 で採用される新絵文字として提案されたのは 74 種類で、「きつね」、「握手」、「カウボーイハットを被った顔」などの絵文字も含まれています。Developer Preview 1 の絵文字から大きく変わったのは人間の仕草をモチーフにした絵文字です。大多数の絵文字がエイリアンから上図のような普通の人間に変わりました。また、一部の白抜きだった顔の絵文字も肌の色付きになっています。

■関連記事
Huaweiの新たな低価格モデル「Honor 5C」が中国で認証を取得
NTTぷらら、「ひかりTV」のスマートフォン・タブレット向けの専門チャンネルのリアルタイム配信を6月1日より開始
ZTE、古いケータイで広く採用されたキャンディーバータイプのAndroidスマートフォン「ZTE E3」を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP