ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

玉置浩二、5月より開催のオーケストラ公演にて新プログラムの演奏が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月より開催される玉置浩二の新しいオーケストラ公演『KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -21st CENTURY RENAISSANCE-』にて、「雨」「夜想」「オレンジ」「キラキラニコニコ」「君がいないから」他から構成した、待望の新プログラムが演奏されることが分かった。

玉置浩二と安全地帯の至極の名曲群が圧倒的なスケールのオーケストラ作品として披露されるこの舞台。玉置浩二と安全地帯の至極の名曲群が圧倒的なスケールのオーケストラ作品として披露されるが、往年のレパートリーに加え、今回のプログラムが発表となった。

また、玉置浩二の強い意思をうけ、欧州から来日するバルカン特別編成交響楽団との共演も実現が決定。旧ユーゴスラビア地域から世界平和の祈りを発信する同オーケストラに玉置自身が共鳴し、人種、宗教、国境を超える「歓喜の歌」が玉置浩二作曲の新制作オーケストラ作品として発表されるという。

さらにベートーヴェン交響曲第6番と融合した「田園」の新オーケストラバージョンなど、圧倒的なスケールの玉置浩二の世界が初夏の大きな輝きの中に誕生する。

チケットは全公演ともに特製プログラム&クリアファイル付で12,500円(税込・全席指定)、4月23日(土)より主要プレイガイドにて順次発売される。詳しくはオフィシャルサイトまで。

『KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -21st CENTURY RENAISSANCE-』
5月12日(木)・13日(金) 東京・Bunkamuraオーチャードホール

栗田博文指揮 / 東京交響楽団

5月26日(木)・27日(金) 西宮・兵庫県立芸術文化センター

大友直人指揮 / 大阪フィルハーモニー交響楽団

6月02日(木)・3日(金) 東京・Bunkamuraオーチャードホール

柳澤寿男指揮 / バルカン特別交響楽団

6月07日(火) 大阪・フェスティバルホール

飯森範親指揮 / 日本センチュリー交響楽団

6月08日(水) 京都・京都コンサートホール

柳澤寿男指揮 / バルカン特別交響楽団

7月07日(木) 大阪・フェスティバルホール

大友直人指揮 / 大阪フィルハーモニー交響楽団

7月11日(月)・27日(水) 大宮・大宮ソニックシティ

大友直人指揮 / 東京フィルハーモニー交響楽団

7月21日(木) 福岡・福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)

柳澤寿男指揮 / 九州交響楽団

8月11日(木・祝) 熊本・熊本県立劇場

山下一史指揮 / 九州交響楽団

<チケット>

チケット¥12,500(税込・全席指定)

特製プログラム&クリアファイル付

※4月23日より主要プレイガイドにて順次発売

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP