体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】外房のグルメキーワードは「旬の魚介」と「やったいよ」! ~名店巡礼 外房編~ 

f:id:hotpepper-gourmet:20150917104402j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供している

お店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ以前の記事をご確認ください!

~名店巡礼 外房編~

今回の巡礼先は「外房」を選びました。内房に続いて千葉県2回目です!

太平洋に面した外房エリアは、鰯で有名な銚子やはまぐりの名産地九十九里を擁する、おさかな天国。季節が春へと進む中で主役となる食材も移り変わる時期。

訪れたのは春の訪れが待ち遠しい2月某日。今なら、冬の魚と春の魚両方楽しめる!ということで、今回はテーマを「旬の魚介」に絞って、外房エリアのお魚の美味しいお店をリストアップ。こだわりの5軒が出揃いました。

1軒目:カントリーハウス 海辺里 逸品:どぶ汁仕立てあんこう鍋

タベアルキストの3人が車で向かった先は外房。

都内から高速道路を使い2時間程で辿りついた1軒目は、日本の夕陽・朝日・夜景100選の名所として知られている刑部岬にあります。

f:id:tabearukist:20160403210114j:plain

店の目の前から見下ろせば飯岡漁港が、さらにその先には九十九里浜の絶景が一望できます。

f:id:tabearukist:20160329113451j:plain

1軒目は、旬魚を存分に味わえるペンション併設の店「カントリーハウス 海辺里」

もちろん宿泊せずに、料理だけを楽しむこともできます。

ウリは、飯岡漁港から直接仕入れる新鮮で食べ応えがある旬魚料理と素晴しい景色。季節によっては、目の前の海で採れる天然の磯牡蠣も食べることができます。

f:id:tabearukist:20160329113456j:plain

こちらのあんこう鍋は、飯岡漁港で水揚げされた新鮮なあんこうを使用。

敷地内にはつるし切りできるスペースがあり、包丁1本で豪快にさばかれたあんこうの食感が異なる7つ道具(トモ(肝)、鰭、ヌノ(卵巣)、柳肉(身肉、ホホ肉)、水袋(胃)、鰓、皮)が、地元野菜とともに山盛りで提供されます。

f:id:tabearukist:20160329115030j:plain

なかでも今まで見たことのない量の生のあん肝は、鮮度の良さを感じることができる見事な色合い。

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。