体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザ・キンクス、1972年の名盤が2枚組レガシー・エディションとなって発売決定

ザ・キンクスのRCA時代の名盤『この世はすべてショー・ビジネス(Everybody’s In Show-Biz)』のレガシー・エディションが6月3日に発売される事が決定した。国内盤は、通常のCDプレーヤーで再生可能な高品質フォーマット・Blu-spec CD2仕様で6月8日発売となる。
ザ・キンクス (okmusic UP's)
『この世はすべてショー・ビジネス』レガシー・エディションはCD2枚組となり、レイモンド・ダグラス・デイヴィスがプロデュースを手がけたオリジナル盤(21曲)にリマスターが施され、1972年、ロンドン・ウィルズデンのモーガン・スタジオでこのアルバム用に録音された、「スーパーソニック・ロケット・シップ」、「非現実的現実(Unreal Reality)」の別ヴァージョン、そして次のコンセプト・アルバムとなった『プリザヴェイション第一幕(Preservation Act 1)』(1973年)の伏線となった未発表曲「ヒストリー」や1972年3月2-3日に行なわれ、成功裏に終わったカーネギー・ホール公演での「サニー・アフタヌーン」、「ゲット・バック・イン・ザ・ライン」、「複雑な人生(Complicated Life)」、演奏されるのが稀な「ロング・トール・ショーティー」などの14曲の未発表音源を含む計17曲を追加収録。また著名なロック学者デヴィッド・フリックが今回のリリースにあたり特別に書き下ろした詳細な英文ライナー・ノーツが収録される。

1972年初出の『この世はすべてショー・ビジネス』はザ・キンクスの10枚目のスタジオ・アルバム。高い評価を博したRCA移籍第1弾『マスウェル・ヒルビリーズ』から1年を待たずに登場した作品。オリジナル盤(LP2枚組)は、永遠の名曲「セルロイドの英雄(Celluloid Heroes)」を収録したスタジオ・アルバム1枚と、1972年3月に行われたカーネギー・ホール公演を時系列で追ったライヴ盤1枚からなり、フロントマンのレイ・デイヴィス、ギターのデイヴ・デイヴィス、ベースのジョン・ダルトン、キーボードのジョン・ゴスリング、ドラマーのミック・エイヴォリーという、キンクスにとって2代目となる名ラインナップに加え、マイク・コットン、ジョン・ビーチャム、アラン・ホームズからなる金管・木管プレイヤーたちが登場する。

ある種のコンセプト・アルバムである『この世はすべてショー・ビジネス』は、ツアーするミュージシャンの生活における試練、苦難、成功にテーマやインスピレーションを得ており、アルバム中の騒々しいカーネギー・ホール公演からの音源は、ザ・キンクスが1965年に米国音楽家連盟に課された4年間の公演禁止が解かれてから最初に行なわれた一連の北米でのコンサートのひとつを出典としている。アルバムの収録曲は当初、ツアー中のキンクスを取り上げたもののお蔵入りとなった長編映画『ザ・コロッサル・シャツ』のサウンドトラックとしての使用が意図されていた。

「人生は俺を利用し続け、乱用し続ける。精神的にも肉体的にも」。アルバム収録曲「マキシマム・コンサンプション」でデイヴィスはそう歌う。「俺は健康を保ち、生き延びなければならない。身体の中に燃料が必要だ。生き延びるためには食べなければ…」と。スタイル的には、『マスウェル・ヒルビリーズ』で聴かれる、アメリカーナにインスピレーションを得たアレンジへの興味をさらに探求するデイヴィスの姿がある。

■『Everybody’s in Showbiz(Legacy Edition)』予約ページ

https://itunes.apple.com/jp/album/id1100449471?app=itunes&ls=1

アルバム『この世はすべてショー・ビジネス レガシー・エディション』
2016年6月8日(水)発売

SICP-30928~30929/¥3,600+税

※国内盤CD2枚組、日本盤のみ通常のCDプレーヤーで再生可能な高品質フォーマットBlu-spec CD2仕様、歌詞・対訳・解説付、2014年リマスター音源

<収録曲>

■ディスク1:The Original Album

1. Here Comes Yet Another Day / 新しい日がやってくる

2. Maximum Consumption / マキシマム・コンサンプション

3. Unreal Reality / 非現実的現実

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。