ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェームス・ジラユ、デビュー曲「Loving you Too much」を日本詞を担当したつんく♂の前で披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タイ王国出身の俳優、歌手、モデルと幅広く活躍する22歳のジェームス・ジラユ。3月19日(土)には「東京ガールズコレクション2016 SPRING / SUMMER」に出演し、タイで2013年に放送された主演ドラマ『君だけI Love You』が4月10日から放送開始されるなど、日本でも活躍中の彼だが、6月29日(水)にCDデビューすることがわかった。

デビュー曲「Loving you Too much」はタイ国民では誰もが知っている楽曲。その楽曲の日本語詞をつんく♂が作り提供。ジラユが日本でのCDデビューが決まった事で色々と日本の音楽業界を勉強したところタイ人アーティストの訳詞を手掛けた事があるつんく♂とのコラボを熱望し今回のコラボが実現。今回、その二人が初対面し、つんく♂の前でジラユがデビュー曲「Loving you Too much」を披露することになった。

スタジオにて初対面を果たしたジラユは、出来上がったばかりの音源をつんく♂に手渡し、一緒に「Loving you Too much」を試聴。つんく♂は「かっこ良く仕上がったね。日本語ラップは難しいよね。楽しそうに歌っていたのでGOOD!!」とコメントし、ジラユは「とても嬉しかった」と喜びの表情を浮かべた。その後、意気投合した二人は場所を変え、つんく♂からの要望を受け、ジラユはステージ上で「Loving you Too much」を披露。披露後、ジラユは「今日は緊張感しましたが、楽しかったです。つんく♂さん、最高!」とコメント。その後、つんく♂は「素晴らしいパフォーマンスでした! 日本はアジアの中でも独特の文化を持ってるので、すごく難しい。でも、タイの人はみんな穏やかなので日本人に愛されやすいと思う。」とコメントした。

日本でCDデビューも決まり、ますます勢いづくジェームス・ジラユ。タイ同様、日本でもジラユ旋風が巻き起こるに違いない。

photo by YOSHIFUMI SHIMIZU

シングル「Loving you Too much」
2016年6月29日(水)発売

TYCT-30060/¥1,200+税

<収録曲>

M1. Loving you Too much ※

M2. 君だけ I Love You ※

M3. Loving you Too much(Thai ver.)

~TOO MUCH SO MUCH VERY MUCH~

M4. 君だけ I Love You(Thai ver.)

~Ruk Tur Kon Diow Tow Nun~

M5. Loving you Too much(instrumental ver.)

※M1.

タイの国民的歌手バード・トンチャイさんの大ヒット曲「TOO MUCH SO MUCH VERY MUCH」のつんく♂氏訳詞による日本語詞カバー

※M2.

ジェームス・ジラユ主演ドラマ(BS-TBSにて4/10(日)OAスタート『君だけに I Love You(ラックスリッ)』)エンディング曲『Ruk Tur Kon Diow Tow Nun』の日本語詞セルフ・カバー




カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP