ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「HTC 10」は日本にも投入予定、対応周波数が判明し、日本限定レッドカラーの存在も判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先ほど発表された HTC の新フラッグシップスマートフォン「HTC 10」が日本にも投入されることが海外の HTC 公式サイトの製品ページから明らかとなりました。HTC 10 には大きく分けてアジア向けモデル、北米モデル、日本モデルの 3 モデルが用意されており、該当の製品ページに各モデルの対応周波数が掲載されています。製品ページによると、日本向けモデルは WCDMA(850 / 900 / 1,900 / 2,100MHz)、FDD-LTE(Bands 1 / 3 / 5 / 7 / 13 / 17 / 19 / 21 / 26、TDD-LTE(Bands 38 / 41)に対応しています。また、他のモデルと同様に、LTE の通信規格は LTE カテゴリ 9(下り最大 450Mbps)に対応しています。HTC は HTC 10 の発表と同時に英国や台湾、米国などで予約受付を開始しており、台湾では 4 月 15 日に発売されます。HTC は、日本への投入はまだ発表していませんが、上図のようなレッドカラーが KDDI から日本限定モデルとして発売されます。Source : HTCePrice

■関連記事
PCデポ、格安スマホサービス「JUST PRICE FON」を4月29日に開始、スマートフォン6機種をSIMカードやサポートサービスとセットで提供
HTC、HTC 10向けに透明スクリーンを採用した「Ice View」ケースを発表
HTC、新フラッグシップ「HTC 10」を正式発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP