ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB48卒業後の高橋みなみ 綾小路 翔/小林幸子/さかなクンから応援受け涙の「あたらしくいこう宣言」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 キリンビール株式会社は、4月10日に高橋みなみを招いて【キリン 氷結(R)高橋みなみ あたらしくいこう宣言式】を開催した。

高橋みなみ【あたらしくいこう宣言式】写真一覧

 このイベントでは、9日より放映開始した高橋みなみ出演の新CMを上映したほか、CMのコンセプトである「あたらしくいこう」をテーマに、アイドルを卒業し今後どのように生きていくかといった、自身のビジョンについて語ってもらう「あたらしくいこう宣言」を行った。

 『キリン 氷結(R)』の新CMキャラクターに選ばれた彼女は、「元々好きなCMで、今までさまざまな方が出演されていた中に私も仲間入りできてとても嬉しく思います」と興奮気味に感想を語った。また、小林幸子とCMで共演したことについて「最初は共演すると聞いて本当に緊張したんですが、お誕生日もお祝いしてくださって、本当に優しい方だなと感じました。また、歌い方やこぶしのとり方も直に教えてくださったので、撮影において本当に助けられました。」とコメント。そこへ同じくCMキャラクターである綾小路 翔と小林幸子から応援VTRが届き、メッセージを受け取った彼女は「本当に力強い言葉をいただきました。ありがとうございます」と喜びを表現した。

 さらに高橋みなみの決意表明を直接応援しようと、会場にはサプライズゲストとしてさかなクンが駆け付けた。『キリン 氷結(R)』のCM・WEBムービーと同様の黒いスーツに黒ハコフグ帽子で登場したさかなクンは、高橋みなみに「サケは、生まれた故郷を後に、大海原へと出ていきます。一番苦しい産卵期に、逆流に負けず川をのぼります。広い広い海へ出ると決心した高橋さん、どんな逆流にもめげずに進んでください。応援しています」と、超クールに低い声と落ち着いた面持ちで応援の手紙を読み上げた。さかなクンは、さらにCMのBGMをバスサックスで演奏し、それを見た彼女は「カッコよすぎてどうしたらいいかわからないですね。ギャップが有りすぎて手紙の内容があんまり入ってきませんでした。」と冗談交じりに話した。

 綾小路 翔、小林幸子、さかなクンからの応援を受け、彼女は「始まりの一歩目が私は大好きです。「あたらしい」ことをするということは、 「あたらしい」自分に出会うチャンスだと思います。私、高橋みなみは、努力は必ず報われると、この先の人生をもって証明します。」と涙を流しながら「あたらしくいこう宣言」を行い、会場に集まったファンからはあふれんばかりの拍手が起こった。

◎高橋みなみによる「あたらしくいこう宣言」全文

皆さんこんにちは。高橋みなみです。
本日はお忙しいなかお集まりいただき、ありがとうございます。

私は先日、4月8日に14歳から10年間お世話になったAKB48を卒業しました。
ちょうど25歳の誕生日の日でした。
10年間を言葉にするのは難しく、考えても考えても出てくる言葉は、『ありがとう』の5文字です。
もちろん、振り返れば楽しいことばかりではありません。辛いことも沢山ありました。
「前田敦子にはなれない」と気づいたあの日、立ち位置が下がったあの日、仲間が卒業していったあの日。泣いていることのほうが多かったかもしれません。それでも10年経って最後の日に思ったことは、

『ありがとう』

あの日笑顔で言えたありがとうを、私は一生忘れません。
この先一人で歩く道で打ちひしがれることも沢山あると思いますが、
皆さんがいたら……なんでも越えられる気がします。
AKBで気づいたこと。それは、人は自分のためよりも誰かのためのほうが頑張れるということです。
もちろんこれからは自分の夢のためですが、残った後輩のために、こんな私を応援してくださる皆さんのために、これからの道を歩かせていただきます。

2016年、4月10日。この春新しい道を歩き出す皆さんへ。

新社会人になった人、新学期がスタートした人、転職をした人、
恋人ができた人、結婚をする人、家族や新しい友達が増えた人、そして自分自身へ。
何事も自分の思い通りに、思い描いたものにならないのがこれから先の未来です。人の道をうらやんでも仕方ありません。そんなことをしていても自分の道は開けない。どんなことがあっても歩き続けること。

私は始まりの一歩目が大好きです。今日も、私にとって「あたらしい」一歩です。
「あたらしい」ことを前にすると、とても緊張します。えずくほどに。
でも、変わってるかもしれませんが、何か「あたらしい」ことにチャレンジすること、出会うことは、「あたらしい」自分に出会うチャンスだと思います。
やりたいことがあったとして、その道はまっすぐではありません。
私自身、アイドルになりたくて、総監督になりたくてAKBに入ったわけではありませんでした。
ですが、チームのため、グループのためと思ってやって来たことが、結果、自分自身のこれからの人生の糧になりました。

それは……一生涯の仲間ができたこと、何があっても応援してくれる皆さんと出会えたこと、支えてくれるスタッフの皆さん。すべては寄り道であって寄り道ではなかった、私の25年間の人生を作る大切な宝物です。
そんな宝物と出会えたからこそ、新しいチャレンジをしたくなりました。
壁にぶつかって石にけつまずいて転んで、なかなか近付けない………諦めようか。
そう思った少し先に、夢は手を伸ばして待っています。私の、歌手という夢もそうです。
私は、立ち止まることはお薦めしません。私は、立ち止まりたくありません。
ゆっくりでいい。0.1ミリでも進みましょう。10年後 それは誰にもわからない未来です。
ただ… 未来は今この瞬間から作られます。
だから、どんな形だっていい。目の前に現れた新しいことに、私は一生懸命でありたい。
あたらしくいこう。はじまりの一歩を踏み出すために。
あたらしくいこう。まだ見ぬ自分に、出会うために。
私、高橋みなみは、努力は必ず報われると、この先の人生をもって証明します。
ありがとうございました。

関連記事リンク(外部サイト)

高橋みなみ、涙、涙の卒業公演「青春のすべてはあそこだった」
高橋みなみ、小嶋陽菜と“早過ぎる”再会 「昨日お別れを告げたんですよ!」
KB48 高橋みなみ卒業公演を緊急生中継 未来のAKB担う込山榛香17歳のドキュメンタリーも後日放送

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP