体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国から猫クリエイターがやってきた! 『ニャンフェス3』でグッズ製作秘話を聞いてきました!

エンタメ
8

2016年4月10日(日)東京都立産業貿易センター台東館。エレベーターへ乗り込んできた男性が5階に到着してドアが開いた途端につぶやきました。
「ニャンフェス? なんじゃこりゃ」
にぎやかな会場とポスターを見て興味がわいたのでしょう。同乗していた私は思わず答えていました。猫のグッズや猫がつかうグッズをつくったひとたちが集まるイベントです、と。
そんなわけで全国から猫好きクリエイターが集うイベント『ニャンフェス3』に行ってました。

ニャンフェスは、猫好きによる、猫好きのための猫作品の展示・販売会です。
ハンドメイドを始めたばかりの方から、プロで活動されている方、店舗・ギャラリーの方まで、 猫に関する雑貨や絵、本、写真などのオリジナル作品が並びます。

回を追うごとに規模は大きくなり創作物の販売だけではなく猫の写真展『ネコフォトコンテスト』や、猫をテーマにした楽曲を演奏するバンド演奏なども催されて多彩な盛り上がりを見せています。今回出展された出展者は約250組。今回は特に作り手の『てざわり』が感じられる作品を出展されていた6組の作家の皆さんにお話を伺ってきました。

ニャンフェスあわせで製作 ~モココハウス様~

d711-15d2-45db-99ca-09d2263e998a-p

TOP画像にも使わせていただいた羊毛フェルトの猫たちを出展されていたのはモココハウス様。
羊毛フェルトの造型がつぶらでどこか懐かしく感動ものです。普段はいろいろなモチーフの羊毛フェルトを製作されているそうですが、今回はニャンフェスあわせでずっと猫をつくっていたとのこと。猫の造型は丸と三角でできていますよね、と伺ってみたところ、実は羊毛づくりでお顔の部分の丸をつくるのは簡単で耳をつくるのが意外に難しいとのこと。丁寧に作られた猫たちはは大人気。記者も実はひよこポシェットをさげた猫ちゃんをひそかに狙っていたのですが、既に売り切れでした。いやはや考えが甘くございました。しかし無事に愛するキジネコと同じ柄の子のアクセサリーを入手。市販にはない愛猫に似ている柄の子のグッズが入手できるのもニャンフェスの良さです。小さい子にも喜ばれる羊毛フェルト。にゃんこのあたたかみが再現されているだけでなく額や招き猫のアイテム感も素敵です。

普段も使えるように ~CHOCOKUMARON様~

1

アンティークの風味に特化した猫雑貨を出展されていたのはCHOCOKUMARON様。雑貨のひとつひとつだけえなくディスプレイにまで世界観が感じられる作品群は胸が熱くなります。お話を伺ってみると元々は服飾関連のお仕事をされていてオリジナルの作品をつくらないのかまわりの方に聞かれていたそう。作者の方はチョコ・クマ・マロンという猫を飼っています。例えばアンティークといえばエッフェル搭や鍵を用いた素材が広く用いられているものですが、オリジナルにするならうちの子にすればいい、という着想だったそうです。テイストは普段から自分でも使えるよう落ち着いた雰囲気に。飼い猫をモチーフにするだけでなく猫好きでなくてもほしくなるようなオトナ感が魅力です。

CfvT60sUUAQ8ePu

記者は愛猫との思い出の物が入れられそうなこちらの小箱を入手させていただきました。紙で巻いただけではなくきちんとワックスコーティングされているとのこと。丁寧なお仕事に感激です。

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会