体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR] 「からだすこやか茶~♪」 謎の武術“特保拳”を巡るCMの裏設定が壮大すぎる

ccjcc_1

「からだすこやか茶~♪」「ダブル~♪」のCMでおなじみの“Wトクホ”飲料『からだすこやか茶W』

第1弾「カツ丼」編に続き、第2弾として現在放映中のテレビCM「中華料理/カンフー」編では、モロ師岡さん(「からだすこやか茶~♪」担当)と浅利陽介さん(「ダブル~♪」担当)の2人が、気持ちが良いほどのドカ喰い、さらに華麗なアクションに挑戦しています。格闘しながら中華を食べ続ける展開はカンフーアクションの定番ですよね。

からだすこやか茶W「中華料理/カンフー」編(YouTube)
https://youtu.be/Gq7agmh8oRo

このCM、実は知られざる壮大なバックストーリーを持っていたのはご存知でしょうか? 現在、その深すぎる裏設定が『からだすこやか茶W』の特設サイトで公開されています。

ccjc_4

モロ師岡さん演じる老師・双特保(そう・とくほ)と、浅利陽介さん演じる弟子・趙体康(ちょう・たいこう)は、幻の特保拳(とくほけん)を受け継ぐ武術の使い手。1950年代、福建省ならぬ腹建の街で乱暴狼藉を働く無法者集団“脂糖”に立ち向かい、苦しむ住民を救ってあげた伝説が残されている英雄です。

CMの中で披露していたアクションも、ただ適当に手足を動かしていたのではありません。拳と健(康)を巧みに融合させた“特保拳”の奥義が詰まっていたのです!

ccjc_5

まずは特保拳を象徴する独特の手型“素口矢加手(すこやかしゅ)”

もともとは杯手と呼ばれる杯を持つような手型だったのが転じて、ペットボトルを持つような手型に改良された秘伝の技です。

ccjc_2

CMでも浅利さんがしっかりと再現していますね。

中華料理店で急に襲われても大丈夫なように、みなさんもトレーニングしてみましょう。

ccjc_6

イチ! ニ! パクッ! ゴクッ!
イチ! ニ! パクッ! ゴクッ!

茶炎開身突
1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。