体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

清水翔太 「自分を出し切れていないイヤな感じがふっきれた」

J-WAVE平日昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。4月6日(水)のオンエアでは、2年ぶりのオリジナルニューアルバム「PROUD」をリリースした清水翔太さんがゲストに登場しました。

番組では、「PROUD」の中で、SALUさんがフィーチャーされていることに対して、サッシャが話をうかがいました。

* *  *

清水:去年、とあるパーティーでSALUと出会って、彼がデビューするちょっと前から気になっていて、かっこいいなぁとずっと思っていたんだけど、自分はどう思われているんだろうなぁと。向こうはHIP HOPを思いっきりやっているし。自分はけっこう、J-POPS寄りのフィールドにいて。どう思われているのか聞くのがけっこう怖いというか。で、実際に話してみたら「好きですよー」みたいな感じだったんで。「あ、嬉しいな」と思って。そこで、「次にアルバム作るときに、一緒にやれたらやろうよ」と声かけて。

サッシャ:清水翔太といえども、自分がどう思われているのか怖いんですか!?

清水:怖いです、怖いです。

サッシャ:ベストアルバムまで出して!?

清水:それはある意味、後ろめたさを感じている部分だったんですよ、正直。

サッシャ:そうなんだぁ。

清水:自分の才能を活かし切れていない、というか。J-POPSというフィールドに落とし込んでいく作業、というのが常にあったので。なんか、そんなことおかまいなしに思いっきりやっている人たちに対しては特に(後ろめたさが)。

サッシャ:なるほどね!

清水:今回のアルバムでは、そういう部分がきれいになくなったからこそ「PROUD」というタイトルにしました。自分を誇りに思う気持ちって、すごく大事なことだなぁと、このアルバムを作りながら気づいたし、これまでの自分を出しきれていないイヤな感じがとれて、すごくスッキリしているんです、今。

* *  *

そんな清水翔太さんのツアーがスタートします。東京は、ツアー初日の5月18日(水)Zeep東京と、9月8日(木)、9日(金)日本武道館。“イヤな感じが吹っ切れた”清水さんのパフォーマンスをぜひお楽しみに!!

【関連サイト】

「BEAT PLANET」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。