ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

続編キタッ!! 『死霊館 エンフィールド事件』日本公開決定 ジェームズ・ワンが監督にカムバック[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


オリジナルホラー映画の興行収入で『エクソシスト』に次ぐ史上2位の記録を誇る大ヒットホラー『死霊館』。その続編『The Conjuring 2』が邦題『死霊館 エンフィールド事件』として7月9日に日本公開決定。本国アメリカでの公開が6月10日ですので、あまり間を空けずの公開となりました。ありがたい!

『ソウ』や『インシディアス』で知られるジェームズ・ワンが監督を務めた『死霊館』(2013)は、1960年以降数々の心霊事件を解決してきた実在の心霊研究家・ウォーレン夫妻をモデルにした物語。彼らが極秘にしてきた事件を超一級のホラーエンターテイメントに仕上げた前作は、全世界興収350億円超えの大ヒットを記録し、00年代のホラーを代表する名作の座へと登りつめました。その後、劇中に登場した呪いの人形“アナベル”をモチーフにしたスピンオフ『アナベル 死霊館の人形』(2015)も公開され話題に。『アナベル~』で製作のみにとどまったジェームズ・ワンはホラー映画を引退することを明言し、一時はホラーファンを落胆させましたが、ホラーの魔力……いや魅力からは逃れられなかったのか? 今回の『死霊館 エンフィールド事件』でふたたびメガホンを取り、ホラーの帝王の座に舞い戻りますッ!!

『死霊館 エンフィールド事件』は前作から3年後、史上最長期間続いたポルターガイスト現象として心霊史に残る“エンフィールド事件”を題材とした物語。ロンドン北部エンフィールドを舞台に、正体不明の音・不穏な囁き声・人体浮遊など数々の不可解現象に苦しむ少女ジャネットと4人の子を育てるシングルマザーを救うため、ウォーレン夫妻は再び恐怖の元凶と対峙することとなります。

ウォーレン夫妻を演じるのは前作に続きベラ・ファーミガとパトリック・ウィルソンのコンビ。ポルターガイストに苦しめられる少女ジャネット役には、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』、デヴィッド・O・ラッセル監督最新作『Joy』(原題)など話題作への出演が続く注目子役マディソン・ウルフ。シングルマザーのペギー役をフランシス・オコナー(『A.I.』)が演じます。

映画『死霊館 エンフィールド事件』は7月9日(土)、新宿ピカデリーほかにて全国公開です。どうぞ、お楽しみにッ!

公式サイト:www.shiryoukan-enfield.jp
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP