ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Nで大幅に短縮されたブート直後のアプリ最適化処理にかかる時間(動画)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android の次期メジャーアップデート版「Android N」では ART ランタイムの内部処理の変更によって、ファームウェアアップデートの際の最適化処理に時間がかからなくなったことを以前紹介しましたが、実際にどの程度短縮されるのかを動画で紹介します。今回は、Nexus 5X に配信された 3 月のセキュリティアップデート(NPC56P → NPC56W)を実際に行い、その処理時間を確認してみました。Android 5.0 ~ 6.0 で同じような操作を行うと、アプリ数によってはブート直後の「アプリの最適化」に膨大な時間がかかってしまいます。ところが、Android N では次の動画のように、わずか数秒で完了しました。しかし、ART の変更によって、アプリの初回起動時に若干時間かかるようになっています(起動に長い時間がかかるよりマシですけど・・・)。

■関連記事
LG G5がiFixitで分解、修理は容易との評価
Huawei、LUMIERE 503HWのソフトウェアアップデートを開始
コヴィア、Windows 10 Mobileスマートフォン「BREEZ X5」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP