ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

みみめめMIMIとfhánaが『視聴覚アカデミー』で熱演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みみめめMIMIと親交があったり、リスペクトするアーティストを招いて行われる対バンライヴイベント『視聴覚アカデミー』のVol.4が、fhánaを迎えて開催された。
みみめめMIMI×fhána (okmusic UP's)
まずステージに登場したのは、fhána。interludeをバックにメンバー4人が登場し、最新シングル「虹を編めたら」で幕開けを飾る。towana(Vo)と佐藤純一(Key/Cho)がユニゾンするBメロでは、ふたりが向い合って息を合わせる。そこから「ワンダーステラ」までの3曲はそれぞれ全部異なったアプローチの楽曲ではあるが、いずれもtowanaのハイトーンボイスが束ね、独自の世界を作り上げていた。

MCではギリギリまで取り組んでいたという4月27日発売のアルバム制作の裏側をポロッと語りつつ、「その分フレッシュなものがお届けできる」(佐藤)とまとめていた。

そんな彼らがみみめめMIMIと初めて会ったのは、昨夏のライヴイベント『音霊』。しかし実は、それ以前にみみめめMIMIのイラスト担当・ちゃもーいとkevin mitsunaga(PC/Sampler)がTwitter上で交流を持っていたというエピソードも明かされた。

ここからfhánaパートは後半戦。A・Bメロでのkevinとyuxuki waga(G)のプレイにハネ感が強い「c.a.t.」から始まり、「コメットルシファー ~The Seed and the Sower~」「星屑のインターリュード」とキラーチューンを連発。後者では青の照明の中に、時折星がまたたくような目潰しを用いて夜空を表現しているかのよう。もちろん音の面でも、Dメロのtowanaのハイトーンボイスや1分近い後奏での3人のプレイと、それぞれの見せ場が存分に詰め込まれた大充実の1曲だ。

そしてfhánaパートのラストを飾ったのは、彼らがデビュー前、ユニットを結成後して最初に制作された「kotonoha breakdown」。後奏でtowanaに促され観客が腕を振り、ほか3人のメンバーが思いおもいの音をぶつけあうセッションを繰り広げると、次第に照明が落ちていき、fhánaのステージは無事幕を下ろした。

続いては、みみめめMIMIのステージ。視聴覚アカデミーのイラストが星空を駆け抜けるOP映像をバックに、タカオユキとDJありぃ、Drまいまいがステージに登場し、「兎ナミダ」からライヴがスタート。頭サビ明けに笑顔で観客全体を煽ったかと思えば、少々ダイナミックさを増した振付とともに、自然に上手・下手両側の観客へもアプローチ。その耳目を惹きつけたところで、昨夏リリースのキラーチューン「CANDY MAGIC」を披露。いつしか色とりどりに染まったフロアの光も、淡いCANDYのよう。

最初のMCで、fhánaとの出会いが好きなアニメ作品の主題歌だったことや、この日の意気込みを改めて語ったところで、タカオはピアノの前に。本人が好きだという「星屑のインターリュード」のサビを弾き語りでカバーしたのち、「ミッディ」をピアノ1本の弾き語りで披露。しっとりめのアレンジには、タカオの儚げな歌声がよく似合う。そのまま次曲「瞬間リアリティ」もピアノのみでスタートし、途中からドラム等のサウンドも加わっていく。

そしてアッパーなナンバー「天手古舞」へ。サビでは何も考えずにタオルを回しまくって盛り上がり、間奏では振付で一体感も感じられるこの曲で、会場のボルテージはさらに上がる。そしてクライマックスを迎えたのが「サヨナラ嘘ツキ」。落ちサビでの震えるような声から強さを取り戻す大サビの、広い感情の振り幅はライヴでの必見ポイントだ。

と、ここでファンへうれしいお知らせ。かねてから開催が発表されていた『みみめめMIMI LIVE TOUR2016』のファイナル公演が東京にて開催されることが決定! 7月31日(日)恵比寿LIQUID ROOMにて開催されることを告げると、会場からは大きな歓声と拍手が上がる。タカオも「夏のツアー、私もすっごい楽しみにしているので、皆さんも楽しみにしていただけたらうれしいです!」と語り、改めて強い意欲を見せていた。

そして最後に最新曲「チャチャチャ」を、機械仕掛けの人形を連想させるようなキュートな振付とともに届ける。また、間奏では観客を半々に分け、サビ部分の歌とクラップを分担。会場全体で最後まで音楽を楽しみ尽くした。

すぐにアンコールの声が響き渡る渋谷WWW。その声に応えて登場した2組から、視聴覚アカデミー恒例・コラボ曲のプレゼント。その曲がUNISON SQUARE GARDENの「桜のあと(all quartets lead to the?)」のカバーであることが告げられると、観客からはまたも大歓声が。イントロから沸き返る観客に、おもわずタカオが冒頭のコール部からマイクを向ける。低めのキーを歌うtowanaの姿からfhánaの編成にDrまいまいが加わった座組に至るまで、スペシャル感いっぱいのコラボはあっという間に終了。曲明けにtowanaとタカオがハグを交わし、このイベントを通じて結ばれた新たな絆を感じさせた。

最後にタカオが「今日楽しかった分、ツアーがもっと楽しみになりました。みなさんのおかげです!」とあいさつし、『視聴覚アカデミーVol.4』は無事幕を下ろした。

冒頭から、とにかく4人で音を紡ぎ出すことの楽しさがあふれ出ていたfhána。そして、生ピアノで披露できる曲数やバリエーションも増え、表現の幅が多様化しつつあるみみめめMIMI。この2組による2マンライヴは非常に内容の濃いものとなったが、それぞれが今春~今夏に控えたツアーに参加して、ぜひそれぞれの生の世界を体感してほしい。

Text by 須永兼次

Photo by 伊藤麻矢

■みみめめMIMI オフィシャルHP

http://mimimememimi.com

■fhána オフィシャルHP

http://fhana.jp/

みみめめMIMI×fhána (okmusic UP's)
みみめめMIMI (okmusic UP's)
みみめめMIMI (okmusic UP's)
みみめめMIMI (okmusic UP's)
みみめめMIMI (okmusic UP's)
みみめめMIMI (okmusic UP's)
fhána (okmusic UP's)
fhána (okmusic UP's)
fhána (okmusic UP's)
fhána (okmusic UP's)
fhána (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。