ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KERAガールズバンド“ヒスロリ”黒夢の人時らゲストも参戦 初ワンマンレポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファッション雑誌『KERA』によるKERAガールズバンドプロジェクトから誕生し、2014年5月にCDデビューを果たしたHysteric Lolita(通称:ヒスロリ)が、4月2日に、約2年のキャリアの集大成とも言える初のワンマンライブを渋谷club asiaで開催した。

Hysteric Lolita キュートなライブ写真一覧

 ゴシックなムード漂う映像とともにオープニングSE「the Creation=序」が流れる中、メンバー5人が登場すると、記念すべきこの日を祝うために会場へ詰めかけた300人を超えるファンが大きな歓声を上げた。

 1曲目の「BLOOM」から「Oi Oi!」と観客を煽りまくり、伸びやかでパワフルな歌声を披露していくRani(vo)。ボーイッシュなビジュアルでクールな演奏を見せつつ、間奏ではライトハンド奏法も披露したNoa(g)。ブルーのショートカットを振り乱しながら卓越したテクニックを叩きつけていくBasil(b)。キュートなルックスからは想像できないタイトでスキルフルなドラミングでバンドの土台をしっかり支えるmisaT(dr)。ヒスロリが提示する“ネオ・ゴシックロック”サウンドの要となるオルガンをはじめ、多彩な音色で美しいサウンドスケープを描き出していくLayra(key)。そんな5人が鳴らす独自の音楽世界は、その場にいる人の心を瞬時に掌握する大きな魅力に溢れている。

 「REAL」「DISTRESS」「ALIVE」といったキラーチューンを連発することで、会場の熱気は目に見えるほど高まっていった。素の表情が垣間見える楽しいMCの後は、ヒスロリのブライトサイドとも言える「Ready! It’s all right!」と「Reversi」を披露。笑顔を見せながら演奏してみたり、サビでタオルを回して一体感を生み出したりと、ライブという空間をメンバー自身が楽しみ尽くしていることが鮮明に伝わってくる。その後、デビュー曲「絶望のスパイラル」で最初のクライマックスを迎え、ライブ前半は終了した。

 また、後半までの合間に、スペシャルゲストのコーナーが設けられた。まずは、ヒスロリのBasilと、盟友ガールズバンド・CREAのHirokaによる青髪ベーシストユニット“青髪シスターズ”がオリジナル曲「It’s a AOGAMI world」と、ボカロ曲のインストカバー「千本桜」を低音ブリブリで演奏。続いて、Basilがレクチャーを受けていたというベーシスト・鮫島秀樹(ex.HOUND DOG)と、元ZOOのSATSUKI、ギタリストの原田喧太が登場し、ヒスロリとともにZOOの大ヒット曲「YA-YA-YA」を。さらに、今度はギターにはたけ(シャ乱Q)を迎え「Choo Choo TRAIN」をプレイするという、豪華すぎるコラボレーションが実現した。大御所アーティストを前に「緊張した!」とメンバーは語っていたが、実に堂々とした圧巻のパフォーマンスを見せたヒスロリ。バンドとしての底力をしっかり見せつけてくれた。

 ゲストコーナーの後は、衣装チェンジしたヒスロリが再び登場。ヘドバンの嵐となった「Dual Anima」で後半戦へ突入していく。「Voice For Voice」では、サウンドプロデュースを手掛けた人時(黒夢)がベーシストとして参加。楽曲の持つパワーを音源以上の広がり放っていた。ミディアムテンポのバラード「snowy road」では、Raniがスタンドマイクに持ち替え、感情をさらけ出した歌声を響かせる。

 そして、「月の夜~take me to your side~」の後に、Noaの軌跡をたどる映像が流された。この日、今年2月のイベントで発表されていたように、Noaは今ライブで脱退することになったのだ。

 「今までの2年間、本当にありがとうございました」と思いをかみしめるように語った本人の言葉が残響のように沁みる中、本編ラストとなる「誓」を演奏する。歌詞に記された「あの日のボクが信じた未来へもう一度歩き出す」は、Noaにとっても、他のヒスロリメンバーにとっても、心に刻まれるフレーズとなったはずだ。

 しかし、ここからも止まることなく突き進んでいく意志を証明するように、アンコールでは「革命」「HYSTERIC」まで迷いなく一気に駆け抜け、ヒスロリ初のワンマンは大成功のまま、幕を閉じた。そして、さらなる高みを目指し、Hysteric Lolitaはここからも走り続けていく。

<ライブ直後のメンバーコメント>

「2年間の締めくくりとして、とても楽しく、いい思い出を作ることができました。ありがとうございました。ヒスロリのことはこれからも応援していきます!」(Nao)

「ほんとに楽しかったです! ワンマンはまた絶対やりたいし、今度はもっと広いキャパの会場でできるように成長したいと思います」(Rani)

「今回の初ワンマンで自分の弱点が浮き彫りになったところもあるので、そこを克服して2ndワンマンも後悔しないようにやり切りたいですね」(Basil)

「スペシャルすぎたゲストコーナーも含め、今日のことはすべて鮮明に記憶に刻まれたので、それを糧にして次回につなげたいと思います」(misaT)

「始まる前は不安要素がたくさんあったけど、やってみたらとにかく楽しくて、あっという間に時間が過ぎました。2ndワンマンはもっといいライブにします!」(Layra)

◎【Hysteric Lolita 1stワンマンライブ『≠No equal』】セットリスト
SE.the Creation=序
01.BLOOM
02.REAL
03.DISTRESS
04.ALIVE
05.Ready! It’s all right!
06.Reversi
07.絶望のスパイラル
08.It’s a AOGAMI world(青髪シスターズ)
09.千本桜(青髪シスターズ)
10.YA-YA-YA(鮫島秀樹&SATSUKI&原田喧太)
11.Choo Choo TRAIN(鮫島秀樹&SATSUKI&はたけ)
12.Dual Anima
13.Voice For Voice
14.snowy road
15.月の夜~take me to your side~
16.誓
EN1.革命
EN2.HYSTERIC

関連記事リンク(外部サイト)

プールイ(ex.BiS)率いるLUI FRONTiC 赤羽JAPAN 4/17極貧ツアーファイナル開催
GO!GO!7188の再来!? 新生ガールズ・トリオ・バンド“サンナナニ”始動!
SCANDAL『フェットチーネグミ』TVCM出演決定&メンバー赤面なキュートMVも公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP