ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

[PR]『グランド ビッグマック』をグランドセットで食べてみた さらに巨大な『ギガ ビッグマック』も凄い!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
IMG_0093

マクドナルドの定番メニュー『ビッグマック』を1.3倍にサイズアップした『グランド ビッグマック』が登場! 4月6日(水)より期間限定で販売されるこのグランド級の新メニューをいただいてきました!

IMG_0094

トレーに乗った『グランド ビッグマック』の黒い箱……を開ける前に、まずはポテトとドリンクにも注目を。実は同日より、サイドメニューもグランドサイズとなった『グランドセット』(お好きなバーガー+『グランドポテト』+『グランドコーク』)を注文することができるのです。

IMG_0151

通常のサイズと比べるとその違いは歴然。『グランドフライ』はMサイズの1.7倍、『グランドコーク』はMサイズの2倍の量となっています。

IMG_0113

ひとりでは飲みきれないという人のために、ドリンクのカップはストローを2本させる構造になっています。『グランド ビッグマック』を最大限に楽しむためには、この『グランドセット』が欠かせないかも!

IMG_0166

さて、本題の『グランド ビッグマック』はと言うと、100%ビーフパティ2枚、チーズ、レタス、オニオン、ピクルス、そして秘伝のビッグマックソースを特製ごま付き3段バンズで味わうボリューミーなメニュー。

「それって『ビッグマック』と一緒じゃん」と思った方、そう焦らないでくださいな。

IMG_0177

『ビッグマック』と比べるとその重量は1.3倍。バンズやパティの直径が明らかにサイズアップしているのです。バンズとパティは、この『グランド ビッグマック』だけのために約6か月の開発期間を経て誕生したのだとか。

特製ソースに含まれるマスタードやスイートレリッシュが効いた安定の味わいはそのままに、食べごたえ、満足感がグレードアップした『グランド ビッグマック』。成人男性でも十分な満腹感を得ることができるはずです。販売価格は単品520円、バリューセット790円、グランドセット890円(すべて税込み)となっています。

IMG_0126

そして、さらに! 「もっとビーフを! もっとボリュームを!」と求む人たちのために、『グランド ビッグマック』以上のサイズを誇る『ギガ ビッグマック』が数量限定で登場。黄金色の箱がリッチな雰囲気を演出しています。

mcd_1

『グランド ビッグマック』をベースにしつつ、『ビッグマック』の2.8倍を超えるビーフパティを贅沢に4枚もトッピング。文字通りに“ギガサイズ”のバーガーです。片手で持つのは一苦労だった先ほどの『グランド ビッグマック』。さらに大きく重量感もズッシリの『ギガ ビッグマック』の場合、女性だと片手で持つのは困難かもしれません。

IMG_0164

『グランド ビッグマック』と比べると、ソースよりもビーフの味わいがダイレクトに伝わる印象。よりボリューミーで肉肉しいバーガーを求める人にはコチラがオススメです。完食できた時には、お腹いっぱいの満足感というよりも、もはや“達成感”と形容すべき感動が待っていますよ!

こちらは単品740円、バリューセット1000円、グランドセット1100円(すべて税込み)。マクドナルドとしては販売価格もギガ級ですが、一度はチャレンジしてみたいですよね!

IMG_0183

また同日より、世界最小級の『nanoblock(R)』をモチーフにしたマクドナルドのおもちゃ『ビッグマック ナノブロックセット』も期間限定で販売をスタート。

IMG_0187

『ビッグマック』、『マックフライポテト』、ドリンクをかたどったおもちゃは、規格外にビッグな新メニューとは対照的に、ミニサイズのかわいらしい作りになっています。3個セットで1150円、単品は各400円(すべて税込み)で購入することができますよ!

いずれの新メニューも4月下旬まで、全国のマクドナルド(一部店舗を除く)で販売されます。

グランド ビッグマック「うまさもでかさも規格外」篇(YouTube)
https://youtu.be/J0DXks4CYcc

日本マクドナルド『グランド ビッグマック』『ギガ ビッグマック』紹介サイト:
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/grandbigmac/index.html

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。