体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【まとめサイトの画像転載は違法?合法?】著作権のプロに聞く「コンテンツの守り方と使い方」

SNSにアップした画像が、知らぬ間にキュレーションサイトで使用されていた。好きな歌手の新曲をカラオケ店で歌っている様子を動画サイトにアップした。一見、どちらも著作権法違反のような気がしないでもないけれど、果たして…?

インターネット時代の著作権法の考え方は複雑かつ変動的。ゆえに、違法性の判断がつきにくく、悩ましく思うことが増えている。

「情報のシェア」を目的として生まれて以降、日々変貌を遂げ、新しいスタイルのメディアやサービスが次から次へと登場しては消えていくインターネットの世界。そのなかで、著作権法をどのように捉えればよいのか。また、自らのコンテンツを守り、他者のコンテンツを正しく借用するには何が必要なのか。著作権、知的財産権のスペシャリストである、駒沢公園行政書士事務所の大塚大氏に話を聞いた。

f:id:w_yuko:20160329090043j:plain

大塚大氏

駒沢公園行政書士事務所代表。行政書士(特定行政書士)/知的財産管理技能士1級(コンテンツ専門業務)。著作権・知的財産権にかかわる業務、契約書作成や知的財産権取引のコンサルティング、および公認不正検査士(CFE)としてのライセンス監査・不正検査等を行っている。2015年6月より東京都行政書士会知財経営会計部担当理事。

「マネしないで!」といえる権利が著作権

――「著作権」とは、そもそも、どのような権利なのでしょうか。

現在、小学6年生にも著作権教育を行っていますが、子どもたちに語りかけるときには、「みな、何かを作りますよね。そのときに断りなくマネされたら嫌ですよね。その『嫌だよ』と言える権利が著作権です」と説明しています。

――他者の著作物を使用する際、引用・転載・転用など、さまざまな言い方がされていますが、その違いはなんでしょう。

「転用」というのは法律用語ではないので、私たちは使いませんが、「引用」や「転載」は著作権法に記載されています。

引用は第32条1項に書かれてあり、一定の条件を満たしたら、「正当な範囲内」で使うことができると定められています。一方、転載は著作権法の第32条2項のことで、国や地方公共団体などの機関が発表した資料や報告書について、そのまま記述することが可能です。

(引用)

第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

2 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。

著作権法(昭和四十五年五月六日法律第四十八号)

――「引用」と「盗用」の違いについては? 分量で変わるものなのでしょうか。

引用の要件を満たせば、場合によっては、著作物全部を利用することも可能です。ざっくり、以下のような視点からの判断となります。

・必要不可欠

・必要な範囲内

・出典明示

・使うものと使われるものの区別

短歌や俳句の評論であれば、著作物全部の引用が必要になると思います。 歌詞も評価のために全文を掲載して分析する「必要」があるのであれば、全文掲載が可能です。

f:id:w_yuko:20160329090041j:plain

デジタル時代に入りグレーゾーンが増加

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。