体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボビー・オロゴンは5つの会社のオーナーだった! ボビー流情報の取り方って?

ボビー・オロゴンは5つの会社のオーナーだった! ボビー流情報の取り方って?

「もす!」

という掛け声でお馴染みのタレント、ボビー・オロゴンさん。ナイジェリア出身で、『さんまのSUPERからくりTV』の街頭インタビューに出演後、そのキャラクターが買われて一躍スターの道へ。格闘家への挑戦や『Youは何しに日本へ?』でのナレーターとしての活躍などは有名ですが、なんと、その裏では不動産会社や人材派遣会社を含めて5つの会社のオーナーなのだとか!

『1週間の食費が300円だった僕が200坪の別荘を買えた本当の理由』(サンマーク出版刊)は、ボビーさん的自己啓発本であり、なぜボビーさんのところにお金が集まってくるのかをご自身が語った一冊。来日間もない25歳の頃は、1週間の食費がなんと300円だったそうですが、今では家が3軒、別荘も持っているという豊かな暮らしをしています。

そんな生活ができるからには何か特別な能力があるに違いない…。一体、ボビーさんはどんな人なのか? 新刊JP編集部が直撃しました。

(取材・文/金井元貴)

■「日本の情報はすごく遅いんです」おそるべきボビーの情報感度

――すごく元気の出る本だと思います。

ボビー・オロゴンさん(以下、ボビー):ありがとうございます!

――この本のテーマは「お金」になりますが…。

ボビー:それは違います。「お金」は、この本のテーマではありません。テーマは「ロマン」です。

――それは失礼しました!

ボビー:ロマンを追い求めれば、お金はついてくるものです。自分の中で「お金!」というよりは、ロマンやアイデアの生み方、あるいは男の生きざまの方がメインじゃないかと思います。

――ナイジェリアご出身のボビーさんだからこそ、とても前向きでポジティブなメッセージに溢れています。閉そく感を抱えているといわれる日本とは全く違うというか。

ボビー:日本の場合、「和」の文化ですから、みんながやっていることと同じようにやることが美徳とされています。だから暴動も起きない。ナイジェリアの場合、オリジナリティが育ちます。和だけが育つことは良いところも良くないところもありますし、バラバラにオリジナリティが育つことにも良さと悪さがあります。その辺をどちらも上手く吸収することが重要です。

――ボビーさんはテレビでは「おバカ」なキャラクターとして見られていますが、この本を読むと、すさまじく勉強されていますよね。特に、情報に対する感度が非常に高いと思います。具体的にどのくらいの時間、情報収集にあてているのですか?

ボビー:1日のうちの…36時間くらい(笑)

――12時間増えてます(笑)

ボビー:そうですね(笑)。でも、そのくらい情報を集めています。日本だけで流れている情報は遅いんです。海外の情報は日本語に翻訳される際にタイムラグが生まれます。だから直接受け取るのが一番早い。

――海外のメディアもすべて目を通していらっしゃる。

ボビー:もちろんです。

ボビー・オロゴンは5つの会社のオーナーだった! ボビー流情報の取り方って?

■たくさんの情報に触れることは「自分の中では遊びなんですよ(笑)」

――この本には現代人に不足している考え方が詰まっているように思います。「お金」よりも「ロマン」というボビーさんの考えも頷けます。

ボビー:お金はどんなにあっても足りないし、どんなになくても足りるんです。要は考え方で、僕が儲ける方法よりも、ロマンを語ったのはその理由からなんです。目的なくお金を稼いでも、「もっと稼ぎたい」という気持ちしかわいてこない。でも、それが人生ではないでしょ。生活が足りていることが重要なわけですから。

――確かにお金儲けが目的化していますよね。

ボビー:みんな儲けたいけれど、どうやってお金を使うのかを考えていません。人生はステップがあって、儲けたあとのステップを考える必要があるわけですから、それをちゃんと考えないといけません。

――ボビーさんはこの本の中で、「勝つ」という言葉を使わず「負けない戦いをする」と表現しているんですね。この違いはなんですか?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。